アメリカ企業『Inter Digital』が通信規格ライセンスをHuaweiに提供し続けられる理由

Pocket
Facebook にシェア

とあるアメリカ企業が、政府の命令に背きHuaweiに通信規格のライセンスを供給し続ける可能性が浮上しています。

政府の反対を押し切り、Huaweiとの取引を継続させようとしているのはワイヤレス通信技術関連の特許を多数持つ『Inter Digital』。

現在アメリカ政府は、Huaweiへのチップ及びソフトウェアやライセンスの提供を禁止しているはず。それでもInter DigitalHuaweiにライセンス供給を続けています。これはInter Digitalに限ったことではなく、Qualcommに関しても可能との事。

Inter DigitalQualcommは、アメリカにおけるワイヤレス通信技術特許を保有。特にInter Digitalは長期間にわたり無線技術を開発し、収益を生み出してきました。

Inter DigitalがHuaweiに提供しているライセンスはオープンライセンス

Inter Digitalの主張によると、同社のライセンス技術は世界的に利用が可能なオープンライセンス。お金さえ払えば、どの企業も利用することができます。これはGoogleがAndroid OSの開発向けに提供しているオープンソースと同じ類ですね。Qualcommもオープンライセンスを公開しているということでしょう。

また、このオープンライセンスは、アメリカ政府が取引の停止を要求しても効力は及ばず、今後もHuaweiがお金さえ支払えば利用できるようです。特許技術系が全て国の監視下に置かれていないというのは少し安心しますね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.