Redmi K20には最新の『Game Turbo 2.0』が搭載!

更新日:

Pocket

搭載するスマホが急激に増えているゲーム性能拡張機能。Xiaomiが開発しているこの機能に関しては『Game Turbo』と呼ばれています。

Game TurboはまずXiaomiを代表するフラッグシップモデル『Mi 9』に提供。ゲームの負荷に合わせてCPUの周波数を動的に調整することで、パフォーマンスを劇的に向上させることに成功しました。

CPU周波数の最適化は高負荷時と低負荷時のエネルギー消費が明確に。それにより当然電力効率もあがり、ゲームの連続プレイ時間が長くなるのもGame Turboの特徴です。

間もなくリリースされるフラッグシップモデル『Redmi K20』に搭載されるのは最新のGame Turbo 2.0。最適化機能が更に向上し、ゲーム利用時の快適さが増すことは確実に!

Redmi K20は本当にフラッグシップキラーなのか!?リリース前にスペックをおさらい

Redmi K20 Proの作りこみがかなり強烈!専用ゲームパッドまで発売されるらしいRedmi K20には最新の『Game Turbo 2.0』が搭載!Xiaomi Redmi K20シリーズにアッ ...

続きを見る

先日記事に書いた通り『有機EL全面ディスプレイ』『Antutuトータルスコア45万超え』『4,000mAhの大容量電池』と、スマホでゲームを快適に行う条件は整っています。『スクリーンレコード』機能がデフォルトでついているのもXiaomi端末の強み。

ここに『Game Turbo 2.0』が加わる事でまさに盤石の状態に。欲を言えば『高速表示対応ディスプレイ』も魅力的ですが、そこまで求める人はおとなしくOnePlus 7 Proを購入しましょう!

OnePlus 7Proは『カメラ』『ディスプレイ』『ストレージ』『Soc』が全て世界トップクラス。それなのに7万円台という奇跡が起きた。

『OnePlus 7Pro』『P30 Pro』『Pixel 3 XL』『Galaxy S10+』3,000人によるカメラ画質比較!OnePlus 7Proにアップデートが配信。最高のスマホがまたさらに ...

続きを見る

価格が3万円前半〜と予想されているRedmi K20。最初はイマイチかなと思ってましたが、これはコスパ最強モンスターの『Pocophone F1』を凌ぐコスパになる可能性大。日に日に欲しい度が上がっています。5月28日のリリース予定日にはMAXだ!!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.