Huawei創設者『Ren Zhengfei』国を超えた魂の声が乱世に響き渡る

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiの創設者Ren ZhengfeiがBloombergのインタビューに答えた。

まずは中国がAppleに対し報復を起こすとの噂について。

『まず第一に、中国がAppleに報復を起こす事はあり得ない。第二に、もし起こりうるとしたら、私は一番最初にそれを止める立場になるでしょう。』

Appleの生産をストップすることにより、路頭に迷う国民が多数発生することを考慮してのことでしょう。さらにRen Zhengfeiはこうも述べた。

『Appleは世界をリードするトップ企業である。Appleが無ければモバイルネットワークは存在しなかった。

Apple が無ければ、どうやって世界の素晴らしさを知る事ができただろうか。私はAppleから多くの事を学んだ。なぜその恩を仇で返さなければならないのか。』

ゴールドマンサックスのアナリストによると、中国がApple 製品の取り扱いを止めた場合、同社は利益の3分の1を失うとのこと。

アメリカがHuaweiを禁輸リストに追加してから、『AMD』『ARM』『Google』『Intel』『Qualcomm』といった数え切れない企業がHuaweiとの取引を停止した。

JEDEC(ソリッドステートテクノロジアソシエーション)、SDA(SDアソシエーション)、およびPCIe規格などのアソシエーションも、Huaweiのメンバーシップをキャンセルした。

それでもまだ、アメリカ企業を擁護するというのか。

これは本心なのか。

国の策略なのか?企業の思惑なのか?

それとも人の声なのか。

Huaweiの創設者、Ren Zhengfeiの声が混沌とした世界情勢に静かに響く。

余談だが、彼は千昌夫のファンらしい。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.