嘘つきLenovoが『スナドラ710』『トリプルレンズ』な『Z6 Lite』を17,500円で出すらしい

Pocket
Facebook にシェア

本日Xiaomi『Redmi K20』シリーズのリリースにぶつけるかのごとく、Lenovoはミッドレンジモデル『Z6 Lite』の発売を開始しました。

Z6 Liteは『ナイトブラック』『シンフォニースター』の2色展開。ディスプレイ占有率は93.07%とRedmi K20 Proよりたけえ!流石全面ディスプレイ詐欺から復活したLenovoさんです。

さらにこのディスプレイ、有機ELではありませんが『HDR10』をサポートしています。ダイナミックレンジの広い描写が期待できます。ディスプレイサイズは6.39なのでK20 Proと同じですね。やはり意識しているのか。

Z6 Liteは質感にも拘り、228工程のレーザーとセラミックテクスチャード加工により、3次元の質感と見た事のないグラデーションを実現しています。また、ThinkPadのノートブックと同じロールケージマグネシウム合金フレームを使っているのも特徴です。何だミッドレンジなのにフラッグシップ機並みの拘りだな・・・

カメラだってRedmi K20シリーズに負けじとトリプルレンズ!メインレンズは1600万画素(F値は1.8と中々明るい)、セカンドレンズは8倍ハイブリッドズームという如何わしいスペック。解像度は800万画素。サードレンズは500万画素で深度測定機能を備えます。

P30 Proですらハイブリッド10倍ズームなのに、8倍とかおかしいでしょ!正直に光学〇倍ズームと書けば良いのに。こういうところうさん臭くて嫌いです。

SocにはSnapdragon710を搭載。好きです。Snapdragon 710は最新の730の前モデルとなりますが、17万を超えるAntutuベンチマーク。安定性抜群。730が出て価格が下がっている今が一番の買い時でしょう。抜け目ないですね。

まあしっかりしたスペックです。2万円台前半くらいが妥当かな?日本国内だと3万円台後半かな?

私の予想を尋常じゃないレベルで超えてきました。

4/64GBモデルが17,500円(は?)、6GB/64GBモデルが22,000円程度(これは結構はっきりとした価格差ですね)、6GB/128GBが27,000円程度で発売されています。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.