Xiaomi『Redmi』のREDなキャリーバッグはいかがですか?

Pocket
Facebook にシェア

『K20シリーズ』を先日リリースしたばかりの、Xiaomiサブブランド『Redmi』。

Redmi K20 Proの作りこみがかなり強烈!専用ゲームパッドまで発売されるらしい

続きを見る

Redなだけに、真っ赤な20インチサイズのトランクケースをリリースしました。

Redmi K20シリーズと一緒に旅行しよう!

このトランクケース、Redmi K20シリーズを購入した人にはもれなくプレゼント!ではなく3,000円くらいで少しお安く購入出来ちゃいます。こんな大きなプレゼント、もれなくもらえても迷惑する人が多いでしょうからね。

定価も4,700円程度と安め。この目立つ色で、これだけ大きなロゴマークが入っていたら宣伝効果も抜群。安く出して沢山売れた方が『Redmi』としても儲かるでしょう。

ちなみにトランクケース自体は素材や機能性に拘っていてクオリティは高め!とてもノベルティ(では無いのか?)とは思えません。

Redmiのスマホと同じく作りは本格派

本体には3層からなるポリカーボネート素材が使われており、多少雑に扱っても問題の無い強い耐衝撃性能。また、ハンドル部分には軽くて頑丈なアルミニウム合金を採用。ダークブラウンに塗装することで、赤いボディとの相性は抜群です。

車輪部分にはゴムの『柔軟さ』とプラスチックの『頑丈さ』を併せ持つTPE素材が使うことで『耐摩擦性』が向上。長距離や悪路の移動にもしっかり対応。

内部は持ち運ぶものをきちんと区分けできるように複数のポケットで仕切られています。仕切りが多いことでどこに何を入れているかが一目瞭然になり、旅先での生活がスムーズに。

さらに、セキュリティを高めるために大手キャリーバックメーカーも採用している『TSAパスワードロック』を採用。安心して荷物を預けることができます。

これはもう、到底オマケ程度ではない、REDな『Redmi』のキャリーバッグ。

そういえばRedmiってどういう意味なんですか?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.