『Dex Live』が商標登録!Galaxy Note 10はケーブルレスでPC化!?

投稿日:

Pocket

SAMSUNGが2ヶ月以内にリリース予定のフラッグシップモデル『Galaxy Note 10』と『Galaxy Note 10 Pro』。どちらにもディスプレイに接続するとパソコンの様に使える『Dex』機能が搭載されます。

『Dex』の搭載は前モデルから行われているので驚くべきことではありませんが、今回アップデートされるのはその接続方法です。

EUでは『Dex Live』の商標登録が確認されており、接続方法がこれまでの有線ではなく無線になることが示唆されています。

Dex機能が搭載されたのは2017年の『Galaxy S8』から。機能を使うには、Dex対応の有線Dockに接続する必要がありました。

そこからケーブルのみの接続が可能となり、今回のアップデートによりそのケーブルすら必要無くなるのは順当な進化。煩わしさも解消されるので、ユーザーの拡大が見込めるでしょう。

当初専用Dockには冷却ファンが搭載され、Galaxy自体の冷却機能がDexに追いついていないことは明らかでした。

しかしそれがワイヤレスで動作するということは、Galaxyの安定性が飛躍的に向上したことを意味します。

すでに最新の『Android Q』ではスマートフォンをディスプレイに接続できる『デスクトップモード』の搭載が明らかに。

Android Pに搭載されるデスクトップモードがヤバそうだ!スマホはキーボードとしても使えるぞ!

Xiaomi Mi 9Tの防水加工『P2iテクノロジー』が凄すぎる!Google I/O 2019は『Pixel 3a』『Deep Press』『Dark Mode』『Stadia』『Android ...

続きを見る

先に同様のサービスを展開し始めたSAMSUNGとしては差別化を図りたいところ。ワイヤレスの方が圧倒的に便利!『Dex Live』楽しみです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.