MediaTekがQualcommより先に『5Gモデム統合型Soc』をリリースだ!

投稿日:

Pocket


台湾の大手半導体メーカー『MediaTek』が、同社としては初となる5G対応モデムを搭載したモバイルチップセットをリリースしました。

チップセットは極小の7nmプロセスにて設計。同社の『Helio M70(5G対応モデムチップ)』と、ARM社がリリースしたばかりのモバイル向けCPU「Cortex-A77」に同じくモバイル向けに作られたGPU「Mali-G77」を1つのチップに統合して作られています。

統合型は省スペースと低電力を実現するので、今後は各メーカーがこのやり方で開発をすすめる事になります。

搭載モデムの最大ダウンロード速度は理論値で4.7Gbps。アップロード速度は2.5Gbps。Qualcommの『X55モデムチップ』は7Gbpsの最大ダウンロード速度に対応するので、速度的には劣りますが、MediaTekの何よりの利点は、前述した通り全てを1つのチップに統合出来るということ。

Qualcommの場合はSocとモデムが分離しているので多くのスペースと余分な電力を消費することになります。

5G対応のSoc開発にやや遅れをとっていたかに感じられたMediaTekですが、ここで一気にQualcommやHiSiliconをぶち抜いた感。

HiSiliconとの提携を解除したARMは、今後MediaTekとの開発に力を入れる可能性が大です。最初チップのリリースは2020年の初頭を予定。一気にシェアを拡大する事ができるのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.