3社独占状態の半導体設計ソフトウェア開発企業は全て『アメリカ』。Kirinの設計がガチでやばい

Pocket
Facebook にシェア

アメリカ政府の圧力により『ARM』との取引が出来なくなったHUAWEI。『ARM』に続き、半導体の設計自動化ソフトウェアの開発を行っている『Synopsys』もHuawei HiSiliconに対しソフトウェアのアップデートを行わない方針。

半導体の設計を行っていた『ARM』を失い、Synopsysのソフトウェアを使って設計を行わなければならない現状においてののアップデート停止。これはあまりに痛すぎる。

さらにSynopsysと同様のソフトウェアを開発している『Cadence Design Systems』や『Mentor Graphics』もアメリカの企業なので利用は不可能。

EDAツール開発は3社の独占状態。全てがアメリカ企業というあまりに厳しい状況です。アメリカやっぱりこええええ

最新の設計ソフトが無ければ、実質最新チップの設計は不可能。製造は出来ても設計が出来なくなりそうな今の現状。

すでにKirin 985、990の設計は終了し、製造段階にあるので現状の心配はありませんが、問題は今後について。ここでまさかの台湾企業、MediaTek様の登場か!?

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.