Huaweiがウェアラブル市場で前年比228%と急伸。Appleは49.5%に鈍化

Pocket

IDC(インターネットデータセンター)のデータによると、今年の第1四半期におけるウェアラブル機器の出荷台数は、一部の企業で大幅に増加。

『Apple』が依然としてナンバー1をキープしていますが、『Xiaomi』と『Huawei』がそれを猛追。

Huaweiに関しては逆風吹き荒れる中、前年比で282.2%という強い伸びを記録。対照的にAplleの伸びは49.5%と鈍化しています。

現時点でHuaweiのウェアラブルデバイスにおける世界市場のシェアは10%程度。Apple(26%)、Xiaomi(13%)に次ぎ第3位。

また、Huaweiの次に高い成長率を誇るのが韓国のGalaxyで前年比で152%成長。Galaxy S10シリーズの売上も好調で、全体的に好調を維持しています。

第1四半期、ウェアラブル端末の出荷台数は5,000万台程度。その内Appleは1280万台。Xiaomiが660万台。Huaweiが500万台を出荷しています。前年比の成長率を鑑みると、HuaweiがXiaomiを捉えるのは時間の問題かもしれません。

しかしXiaomiも『Mi Band4』といった爆発力のある製品のリリースを控えていることから、デッドヒートが繰り広げられることになるでしょう。

Xiaomi Mi Band 4の実機画像がリーク!NFCやAIにも対応するらしい

続きを見る

HuaweiとXiaomiのシェアを合わせればすでにAppleと同等。このまま逃げ切る事ができるのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラかも

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.