【日本品質】CIO ペンギンみたいに可愛い『Wi-Fi対応ネットワークカメラ』実機レビュー前編

更新日:

Pocket

以前ドンキ・ホーテがリリースしたWi-Fi対応の防犯カメラ『スマモッチャー』の記事を書いたところ、なかなかの反響をいただきました。

ドン・キホーテのWi-Fi見守りカメラ『スマモッチャー』は3,980円で驚きの高機能!これはヤバい!

1台で全ての部屋をパトロール。未来的ドローン型監視カメラAireがすごすぎる!自由自在なフレキシブルデザイン!20ドルの小型セキュリティカメラ WyzeCam がすごすぎる!【日本品質】CIO ペンギ ...

続きを見る

そのスマモッチャーより高機能でお手頃価格を実現しているのがCIOの『Wi-Fi対応ネットワークカメラ』。CIOと言えば、遠距離型充電技術を採用した『deskHack』やiPhoneに搭載されているPD充電機能に目をつけた『Tough Line』をリリースし、大きな反響を呼んだ先進的な日本企業です。

deskHackは机を充電器に変える超未来型ガジェット!Makuakeでプロジェクトがついにスタート!売り切れ必至!

inChargeは軽くてオシャレなどこでも充電ケーブル!モバイルバッテリーとスマホを片手で持ちながら充電可能!iPhone XRはFACE IDやA12 Bionic搭載!なのに安価なサプライズモデル ...

続きを見る

iPhone 8以降はUSB PDに対応してた!充電を最速で行う方法と最強のケーブルはコレだ!

iPhone XRはFACE IDやA12 Bionic搭載!なのに安価なサプライズモデル!iPhone XRとiPhone XSはどちらを買うべきか?XSとの性能差 / XRの強み / 差額で買える ...

続きを見る

ネットワークカメラにも赤外線による電化製品のコントロール機能をつけるなど、目の付け所がそこらへんの家電メーカーより尖っている印象を受けます。

日本企業は大手になればなるほど製品開発が難しくなり、かつ時間がかかるので、こういった動きが素早く感度の高い企業にとっては逆に商売をしやすい土壌と言えるのかもしれません。『面白い頭』を持ってる企業の出す商品はやはり『面白い』です。

スマモッチャーの時はスペック的なレビューでしたが、今回は実機を使って詳細なレビュを行っていきたいと思います!

CIOのWi-Fi対応ネットワークカメラ徹底レビュー!前編

まず前編は開封レビューから参ります。

CIO Wi-Fiネットワークカメラのパッケージ

ちゃんと日本でデザインしてます!といった感じのパッケージですね。安心感があります。海外パッケージであれば『350℃回転』のところが確実に『360℃回転!』と書かれています。こういった細かいところへの気配りが品質の高さにもつながるので、印象は当然良くなりますね。

CIO Wi-Fiネットワークカメラに同梱されているモノ

Wi-Fiネットワークカメラ本体

これは何というか、カメラというより『ペンギン』ですね。太ったペンギンがこっちを見ているような愛くるしさがあります。ネットワークカメラは色々な形状のものが出ていますが、あまりに防犯カメラチックになっても部屋に置きづらいですし、かわいらしさは絶対に大切。

特にホームセキュリティを考慮した女性のユーザーが多いはずなので、『ペンギンの様なデザイン』は完全にアリです。

取扱説明書(日本語表記アリ)

普段取扱説明書は全く読まないのですが、今回に限っては少し読んでみようと思っています。というか使い方が分かりませんので、読みます。

しっかり日本語ページも作られているのが日本メーカーのありがたいところ。Google翻訳をそのままコピペしているようなところもありますが、ざっと見CIOのWi-Fiネットワークカメラに関してはきちんと翻訳されているといった印象を受けました。パッケージの表記も然り、やはりちゃんとした企業です。

AC USB充電器

CIOは充電器も自社で作っているので、オマケ程度のAC充電器もなぜかハイスペック!5V/2A出力に対応しています。通常この手の製品の場合1A出力程度の充電器が付属しているのですが、これならスマホ用としても使えます。もちろん作りはしっかり。

USB充電ケーブル

USBケーブルは長めです。大体2mくらいかな。通常の用途であればこの長さで間違いなく十分。ちょっと長すぎるくらいかもしれません。コネクタは汎用的なMicroUSBなので、自分の持っているケーブルで長さは調節してあげましょう。

ちなみにCIOは前述している通りケーブルも作っているので、こちらも品質は高いです。アクセサリー系の品質が高いというのは、使ってて安心感が違いますね。

取り付けキット

Wi-Fiネットワークカメラをしっかり取り付けるためのキットが付属しています。キット側で角度の調整も可能。素材はプラスチックですが、角度調節部分も含めてしっかりとした作りです。

本体がペンギンの様なかわいらしさとは言え、防犯用途で使う人も当然多いでしょう。持ち去りなどを避けるためにもネジを使ってガッチリ取り付けた方が安心感は増します。天井に取り付けると本格的な感じになりますが、私は賃貸なので出来ません><。

日本企業だからこそ品質管理はしっかりと

1台1台問題の無いことをチェックし、パスした製品のみが出荷されているという証。日本企業の製品を買うということは、日本製の製品を買うということではありません。

国産の家電なんてもう殆ど無いですし、逆に割高なので止めておいた方が良いです。

中国製の品質は、昔とは比較にならないレベルに上がってますし、そこをうまく使って品質管理をしっかりした製品こそが、コスパの良い最も買う価値のあるものだと私は考えます。

ネットワークカメラ系は海外商材も数多くありますが、スマートフォンなどと違って明らかにまだ品質が微妙。なのでしっかりと品質管理をした、日本企業が発売している製品を買うのが今のところベスト。

Amazonの直輸入品とかは絶対に止めておいた方が良いです。レビューも皆サクラですし。

CIO Wi-Fiネットワークカメラを開封して思ったこと

まずペンギンのような可愛らしいデザインがとても気に入りました。あの見た目でレンズ部分が可動するのだから、見ているだけでも楽しいでしょう。そしてやはりターゲッティングをしっかりとして、女性ユーザーのことを考えているのだなと感じさせられました。

また、アクセサリーを開発しているメーカーだけあり、付属品の品質がどれも高めだったのが印象に残ります。製品開発のスピードだけでなく、品質にもしっかりと拘ることは、メーカーにとって一番大切なこと。

後半のレビューでは実際に機器を動かして色々と検証してみたいと思います。お楽しみに!

CIO Wi-Fiネットワークカメラの購入はコチラから

 

 

CIO Wi-Fiネットワークカメラの販売元:

町のお店(株式会社CIO)

町のお店@ガジェット部 

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.