Xiaomiがスマートウォッチ市場でAppleを抜き『世界一』に!

Pocket

日本では非対応ですが、世界ではNFCによる決済が可能なので、スマートウォッチをはじめとしたウェアラブル端末の売り上げが爆発的に伸びています。その中でもシェアを拡大し続けているのがXiaomi。

IDC(インターネットデータセンター)が公表しているウェアラブル市場(スマートウォッチ)の統計において、10.7%のシェアを獲得。

2019年第一四半期に、Xiaomiはウェアラブル端末530万台を出荷。前年同月比で43.6%の伸びを記録。見事世界第1位に輝きました。一方、Appleは前年同月比が振るわず、14.8%の伸びで出荷台数は460万台。

世界第2位。そして第3位には、毎日様々な内容でニュースに登場するHuawei。各企業が取引を停止する中で前年比213%を記録。出荷台数は390万台で第2位のAppleに猛追しています。

4位には290万台を出荷したFitbit、続いて200万台出荷のSamsungと続きます。

Xiaomiがウェアラブル市場でAppleを倒したのははじめてではありません。2018年第三四半期にもXiaomiが世界一に。その時はXiaomiのMi Band 3が爆発的ヒットを記録しました。

最も、今回の統計はApplewatchのみのデータが扱われており、価格差のあるXiaomiに対しては不利な状況に。売上高ではまだAppleがかなり優勢ということでしょう。

しかし、ウェアラブルを流通させれば、おのずとスマートフォンも同じブランドで揃えたくなります。間もなくMi Band 3の後継機種となるMi Band 4も発売。カラーディスプレイにNFCも搭載されるとのこと。

Xiaomi Mi Band 4の実機画像がリーク!NFCやAIにも対応するらしい

続きを見る

今度はどこまでシェアを広げることが出来るのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.