XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

Pocket

Xiaomiが独自開発したAI機能『Xiao Ai』を搭載したスマートスピーカー『Xiao Ai Speaker Universal Remote Edition』『Xiao Ai Speaker Play』をリリースしました。

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

Xiaomiが独自開発したAI機能『Xiao Ai』を搭載したスマートスピーカー『Xiao Ai Speaker Universal Remote Edition』『Xiao Ai Speaker P ...

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

スピーカーデザインは家具に溶け込むよう主張が控えめになっており、ぱっと見加湿器にも見えます。男性、女性どちらにも受け入れられるデザインですね。

Xiao Ai Speaker Universal Remote Edition

スピーカー上部には再生/一時停止ボタン、音量調節ボタン、マイクミュートボタンなどを集約。

重さは468g、高さは140mmとなっています。ブラックカラーはXiao Ai Speaker Universal Remote Editionのみ。

主な機能はスマートホーム対応機器のコントロール。接続方法は『Wi-Fi(2.4GHz)』『Bluetooth(ver 4.1)』『赤外線』に対応し、操作できる家電の数は最大5,000種類を超えるとしています。赤外線センサーを4つ搭載することで、操作可能な距離は10m四方とかなり広め。

例えば、Mijiaの『Bluetooth Temperature and Humidity(温湿度計』に接続。スピーカーに温度や湿度を尋ねると、音声で返答してくれます。これまでのように、情報を知る為にスマートフォン(Mijiaアプリ)を見る手間が無くなります。

360°方向から集音可能な遠距離型マイクを採用することで、部屋のどの場所からも音声コマンドを拾うことが可能。認識精度も高くなるので、何度もスピーカーに話しかけるといったストレスが軽減。

家電のコントロール機能以外にも、インターネットラジオの再生、子供の為の読み聞かせ、ストリーミング音楽の再生などに対応。日本語に対応していればAlexaやGoogleアシスタントの代わりに欲しい!

Xiao Ai Speaker Universal Remote Editionの価格

Xiao Ai Speaker Universal Remote Edition:3,100円

Xiaomiのクラウドファンディングサイトで販売中→コチラ

Alexaで言えばEcho Plusと同じような作りこみ具合。Echo Dotでは間違いなくありません。それでいて価格はEcho Dot以下。安すぎる。

 

Xiao Ai Speaker Play

Universal Remote Editionと違い選べるカラーはホワイトのみ。AUX接続ポートを装備し、異なるブランドの機器との接続が可能です。ただし『Bluetooth』と『赤外線』はサポートせず、接続はWi-Fiのみ。

Xiao Ai Speaker Playの価格

Xiao Ai Speaker Play:2,700円

6月18日から Mi.comのWebサイトで発売開始→コチラ

価格が400円しか違わないので、AUX接続目当ての人以外はUniversal Remote Editionを購入しそうな予感。どちらにしても安い!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.