Huaweiショックでメーカーにとっての『Googleリスク』がクッキリ

投稿日:

Pocket

トランプ政権の制裁により、Googleとの取引が停止されるHuawei。しかし実際に停止されて困る状況になっているのはGoogleの方でした。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

続きを見る

理由としては、Googleがアップデートを停止することにより、AndroidのハイブリッドOSであるHuaweiのEMUIは、Googleプロテクトが解除され、アプリのセキュリティが脆弱に。ウイルスやマルウェアに感染しやすい環境が出来上がります。

そうなれば、現在Huaweiの端末を使っているアメリカ人を含め、世界中の人達が悪のターゲットになる事に。

『Googleがアップデートを止めたからウイルスに感染した!』『Googleがアップデートを止めたから情報が漏洩した!』と騒ぎだす人も必ずいるでしょう。Googleとしてはその状況は絶対に避けなければなりません。

そしてイメージダウンはユーザーだけに留まりません。AndroidのハイブリッドOSを利用しているメーカーは、当然Huaweiだけではありません。

Androidをベースに、自社でOSをカスタマイズしているメーカーは以下の通り。

Xiaomi 『MIUI』

Oppo 『Color OS』

OnePlus 『OxygenOS』

Lenovo『ZUI』

Samsung 『One UI』

LG 『UX』

ご覧の通り、有名メーカーはほぼ独自のカスタマイズ行っています。しかしベースはAndroid。

Googleのアップデートが止まる事により、『GoogleMaps』や『Gmail』といった主要アプリも使えなくなります。

Google Mapsにタクシードライバー監視機能が追加

続きを見る

今回のHuaweiに対する動きに加え、少し前にはZTEにも同様に取引停止を行っていたGoogle。こういった動きを繰り返せば、取引メーカーからは悪いイメージを持たれて当然。

『アップデートが停止される可能性がある』というリスクが付きまとう以上、信頼関係を築くのは難しい状況になってしまいました。

アメリカと中国の関係が悪化したら制裁の対象は拡大する可能性もゼロではありません。よって、同じ中国メーカーのXiaomiとOppoは、Huaweiの新OSに強い興味を示しています。

Huawei『ようこそ』Xiaomi、OPPO、VIVO、Tensent『よろしくお願いします。』

続きを見る

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

続きを見る

最も、国家の横暴により主要な取引先を軒並み失う可能性も高いGoogle。税金逃れのイメージもあり、トランプ政権からは冷遇されている一面も。

G20ではデジタル税も議題に上がる予定。窮地に立たされているのはHuaweiではなくGoogleか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.