Huaweiの5Gロゴデザインがオンラインに登場!無限モチーフで完成度高し

Pocket
Facebook にシェア

5Gの商業化が中国ではすでにスタート。Huaweiは多くの5Gに関する特許を持ち、今後世界で5Gを展開していく企業の1つ。アメリカの制裁によりやや計画に狂いは生じているものの、アフリカ連合やロシアといった国々とはパートナーシップを締結。中国国内ならずグローバルにおいても展開をすすめます。

そのHuaweiが5Gを示すために用いるシンボルマークのデザインがオンラインに登場。無限マークがモチーフとして取り入れられており、今後5G回線の持つ『無限の可能性』が表現されています。コンセプトもはっきりしてますし、ロゴとしての完成度はかなり高めですね。

Huaweiはロシア、アフリカ以外でも精力的に5G回線を拡大。スペインの15都市で5Gの商用ネットワークを立ち上げました。これにより、Huaweiがヨーロッパで5G回線に参入する土台は整いました。

さらに特許分析会社『IPLytics』の統計によると、5G分野における標準必須特許(SEP)の取得率は中国メーカーが34%と約3分の1を占めています。

そして中国メーカーの中でもダントツの特許取得率を誇るのがHuawei。1554もの標準必須特許を持ち、5G分野の特許数では世界第一位となっています。今後特許のロイヤリティはさらに増える見込みで、アメリカの制裁による売り上げ減少も、Huaweiにとっては一時的な打撃となりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.