Huaweiの5Gロゴデザインがオンラインに登場!無限モチーフで完成度高し

投稿日:

Pocket

5Gの商業化が中国ではすでにスタート。Huaweiは多くの5Gに関する特許を持ち、今後世界で5Gを展開していく企業の1つ。アメリカの制裁によりやや計画に狂いは生じているものの、アフリカ連合やロシアといった国々とはパートナーシップを締結。中国国内ならずグローバルにおいても展開をすすめます。

そのHuaweiが5Gを示すために用いるシンボルマークのデザインがオンラインに登場。無限マークがモチーフとして取り入れられており、今後5G回線の持つ『無限の可能性』が表現されています。コンセプトもはっきりしてますし、ロゴとしての完成度はかなり高めですね。

Huaweiはロシア、アフリカ以外でも精力的に5G回線を拡大。スペインの15都市で5Gの商用ネットワークを立ち上げました。これにより、Huaweiがヨーロッパで5G回線に参入する土台は整いました。

さらに特許分析会社『IPLytics』の統計によると、5G分野における標準必須特許(SEP)の取得率は中国メーカーが34%と約3分の1を占めています。

そして中国メーカーの中でもダントツの特許取得率を誇るのがHuawei。1554もの標準必須特許を持ち、5G分野の特許数では世界第一位となっています。今後特許のロイヤリティはさらに増える見込みで、アメリカの制裁による売り上げ減少も、Huaweiにとっては一時的な打撃となりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.