Huaweiの折り畳みスマホ『Mate X』も9月まで発売延期。『Mate 30 Pro』と同時リリースか

投稿日:

Pocket

リリースされた当初は大きな話題となった各メーカーの折り畳みスマートフォン。しかしGalaxy Foldで大きな障害が複数見つかり、発売するにはまだ時期尚早であるとの見方が増えています。

『Galaxy Fold』が大炎上!価格に見合わないディスプレイ品質にクレームが殺到!

Galaxy Foldは〇〇万回開閉しても壊れない!耐久テストの様子が公開!Xiaomi Foldは畳むとカップラーメンの重しに最適!?横ベゼルなしは解放感抜群!Huaweiの折り畳みスマホ『Mate ...

続きを見る

HuaweiのMate Xは元々6月中の発売を予定していましたが、9月への延期が決定。Huaweiの副社長である『Vincent Peng』は、『ディスプレイ品質改善のためにリリースを遅らせた』と述べています。

さらに『我々は数えきれないほどのテストを行っている』『出来るだけ早くリリースする』とし、品質向上とこれ以上の遅延は起こさないことを強調しました。

今回のMate X発売遅延に関しては様々な憶測が飛び交っています。『アメリカの制裁によりサプライチェーンからの供給が遅れている』『Mate 30』シリーズのリリースと合わせて、ソフトウェアが変更されOSには『ARK OS』を搭載させる、など。

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコか

リーク情報を元にした『Mate 30 Pro』のコンセプト画像が登場Huaweiショックでメーカーにとっての『Googleリスク』がクッキリGoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償 ...

続きを見る

マーケティングの観点からいくと、どれも正攻法であるように感じます。今折り畳みスマートフォンをリリースしても品質への不安視から売れ行きが伸びるとは限りません。

それよりも確かな品質を確保し、さらに新規OSという話題性抜群なものをセットにすることで、Mate Xは他社と一線を画したものになるでしょう。

Mate X 仕様
サイズ/重量 開いた状態:146.2 x 161.3 x 5.4 mm
閉じた状態:78.3 x 161.3 x 11 mm
重さ:295g
ディスプレイ 有機ELディスプレイ

サイズ:
開いた状態:8インチ
フロントパネル:6.6インチ
バックパネル:6.38インチ

解像度:
開いた状態:2480×2200px
フロントパネル:2480×1148px
バックパネル:2480×892px

チップセット Huawei Kirin 980Balong 5000: 2G/3G/4G/5G
multi-mode, SA & NSA supportCPU: 2 x Cortex-A76 @ 2.6GHz + 2 x Cortex-A76 @ 1.92GHz + 4 x Cortex-A55 @ 1.8GHzGPU: Mali-G76/NPU
ソフトウェア Android 9 Pie(EMUI 9.1.1)
メモリー 8GB RAM
ストレージ 512GB, expandable via NM card
カメラ 40 MP (Wide Angle Lens) + 16 MP (Ultra Wide Angle Lens) + 8 MP (Telephoto)
バッテリー 4500mAh
電池/充電 55W Huawei SuperCharge
センサー 重力センサー、周囲光センサー、近接センサー、ジャイロスコープ、コンパス、指紋センサー、ホールセンサー、気圧計、赤外線センサー、色温度センサー
通信 SIM: Dual SIMNFC: Yes, RW mode/P2P mode/Card Emulation

Wi-Fi: 802.11a/b/g/n/ac, 2.4 GHz and 5 GHz

Bluetooth: Bluetooth 5.0, BLE, SBC, AAC, aptX, aptX HD, LDAC and HWA Audio

Location: GPS (L1 + L5 dual band) / AGPS / Glonass / BeiDou / Galileo (E1 + E5a dual band) / QZSS (L1 + L5 dual band)

Primary SIM card: 

5G NR TDD: N41 / N77 / N78 / N79
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28 / B32
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19;
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

Secondary SIM card:

4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40 / B41
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26 / B28
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

ポート USB Type-C (3.1).、3.5mm ヘッドフォンジャック
カラー Interstellar Blue
アクセサリー フルプロテクションケース
価格 約29万円

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.