XiaomiとMeituがコラボモデルを開発。トリプルフリップで世界一の自撮りスマホを奪還か

更新日:

Pocket

Xiaomiは昨年、自撮り画像編集アプリの『Meitu』とパートナーシップを締結。XiaomiはMeituの技術とドメイン名を利用するグローバルライセンスを取得しました。そのMeituとXiaomiがスマートフォンを共同開発。

以前も2社の共同開発モデルはリリースされており、その時は『Meitu T9』というモデル名が使われていました。前後にデュアルレンズカメラを搭載し、カラーバリエーションは4色。完全女性ターゲットモデルとして話題を集めました。

今回新たに共同開発したスマートフォンはASUS ZenFone 6と同様に回転式のフリップカメラを搭載。

ASUS Zenfone 6のフリップカメラが凄すぎる!前後切り替えに加え自動追尾やフリーアングル撮影機能まで!

続きを見る

ZenFone 6がデュアルレンズだったのに対し、トリプルレンズを採用。ZenFone 6を上回るカメラモジュールが採用されています。レンズの配列を良く見るとHuaweiのMate 20 Pro似てますね。

まだカメラに関する詳細情報はありませんが、XiaomiのLin BinがWeiboに投稿した情報からすると、メインレンズは4800万画素の解像度に対応するとのこと。恐らくカメラセンサーはSONYのIMX586。

トリプルレンズ仕様であることを考慮すると、自撮りカメラでZenFone 6が記録したDxOMark世界一のスコアを超えてくる可能性が高いです。

ASUS Zenfone 6が『DXOMARK』で世界一のスコアを記録(ただし自撮り)

続きを見る

XiaomiとMeituのコラボレーションモデルがいつ発売になるかはまだ未定。しかし大きな注目を集める1台になることは間違いないでしょう。しかし、名前がそっくりな『Meizu』が怒ってる可能性は否めません。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.