Huawei Honor 20が歴史的な売上を記録。グローバル展開開始へ

投稿日:

Pocket

Huaweiのサブブランドで、本家のフラッグシップモデルを飲み込む勢いで売上を伸ばしているサブブランドの『Honor』。

HonorがリリースしたフラッグシップモデルのHonor 20は、間もなく、世界の10カ国で購入できるように。Honorは公式に販売を行う国と価格を発表しました。今後販売国はさらに増える予定。

利用可能な日付 価格
ロシア 6月21日 RUB 27,990
英国 6月21日 £399.99
フランス 6月21日 €499.00
ドイツ 6月21日 €499.00
マレーシア 6月21日 RM 1,699
イタリア 6月24日 €499.00
オランダ 6月24日 €499.00
インド 6月25日 INR 32,999
ポーランド 6月28日 PLN 1999
スペイン 7月上旬 €499.00

Honor 20は、中国における初期販売台数の最高記録を更新。グローバルでは逆風が吹き荒れる中、中国国内では逆にその状況が追い風となっています。

 

Honor 20は発売開始からたったの2週間で100万台を超える販売台数を記録。最大手オンラインモールのJD.comで行われている中国最大級のセールイベント『618セール』では、同価格帯でダントツ1位の売上となりました。

中国国内では元々、Google Playをはじめとした、Googleのサービスが使えません。なので、アメリカの制裁に関してあまり大きな影響を受ける事もなく、これまで通りスペックの高いスマートフォンとして販売されています。

しかしグローバルは別です。Googleユーザーが圧倒的に多いので、使えなくなるのは致命的。Googleは自社の利益やAndroidのセキュリティを維持するために、トランプ政権と交渉中。

Google『Huaweiへのアップデートを止めないで』。トランプへの悲痛な叫び

HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコかGoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償提供する理由Huaw ...

続きを見る

その内容がグローバルにおけるHonor 20の売上とGoogleの未来を左右する事になるでしょう。

GoogleがオープンソースとしてAndroidを世界に無償提供する理由

Huaweiショックでメーカーにとっての『Googleリスク』がクッキリHuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPhoneとガチンコかHuaw ...

続きを見る

そういえばP30 シリーズですでに採用されているとされる『ARK』。Honor 20でも使えるのでしょうか。

Huawei P30シリーズにはすでに『ARK』が搭載されていた

Huawei『ようこそ』Xiaomi、OPPO、VIVO、Tensent『よろしくお願いします。』HuaweiはEMUI 10をAndroidベースで開発中。ARK OS搭載『Mate 30』がiPh ...

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.