Xiaomiがスマホ使いすぎ防止『デジタル ウェルビーイング機能』を提供

Pocket

 

MIUI 10のGlobal Beta版のリリースから数ヶ月後に、Xiaomiはスマートフォンの利用状況を把握&コントロールする事のできる『デジタル ウェルビーイング機能』を追加リリースしました。

この機能は様々なアプリケーションの『利用時間』『受信した通知の数』『スマートフォンのロックを解除した回数』などをデータとして把握する事ができます。

また、アプリケーションごとの利用時間を設定する事も可能。子供がスマートフォンを使っている場合は『特定のゲームアプリの利用時間は1日1時間』などと指定できます。平日と休日に分けた管理も出来るので、何度も設定を変える必要はありません。

最近ではスマートフォンの利用を減らして、別のことに時間を使おうという動きも増えてきています。わたしの場合は半分仕事になっているので、スマートフォンの操作時間が人より確実に長いです。デジタル ウェルビーイング機能を使って一度利用状況を確認してみたくなりました。

デジタル ウェルビーイング機能は現在MIUI 10のGlobal Beta版でのみ利用可能。MIUI 11と共に提供される予定です。今後XiaomiはGlobal Beta版の提供を廃止。

Xiaomiが7月1日からGlobal Beta ROMの配布を終了へ。いきなりアプデぶっこみます

続きを見る

アップデートの提供はいつもより早まります。デジタル ウェルビーイング機能の他に『ダークモード』や『システムAIの強化』による高速化など、ワクワクするような機能強化が盛り沢山。楽しみですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.