Huawei 『Kirin 810』のAntutuスコアが25万に迫る。ミッドレンジ突破

投稿日:

Pocket

HuaweiがTSMCにより、『7nmプロセス』で製造された2番目のSoc、それがリリースされたばかりの『kirin 810』です。800番台のSocなので、通常ではミドルレンジクラス。しかしKirin 810はそのレベルを超えてきました。

Kirin 810はSamsungの8nmプロセストランジスタより密度が50%高く、さらには10nmプロセスと比較すると64%もの高密度を実現。エネルギー効率も28%上昇しています。

そして今回、Antutuのベンチマークテストスコアに『SEA-AL00』という名称でKirin 810が登場しました。スコア計測に使われたスマートフォンは8GBのメモリーと256GBのストレージを搭載した『Huawei nova 5』。Antutuのトータルスコアは何と『237437』。

このスコアは同社のフラッグシップ向きSoc『Kirin 970』だけではなく、『Snapdragon 835』をも上回ります。つまりもう、『ミッドレンジ』という類ではくくれなくなりました。

最近ではSnapdragon 730がミッドレンジ向けながらAntutuのトータルスコアで20万を超え、大きな話題となりましたが、Kirin 810のスコアはSnapdragon 730よりも完全に1ランク上です。

公式の紹介によると、Kirin 810は自社開発した『Huawei DaVinciアーキテクチャNPU』を採用。NPUを使ったAI機能はSnapdragon 835や730を超え、『32280』というスコアを記録しています。

Kirin 810は、高性能な『Cortex A76』を2基、さらにエネルギー効率に特化した『Cortex A55』を6基といった構成。CPUの最大クロック速度は2.27GHz。GPUには『Mali G52』を採用しています。

最新のNPUによりAI機能も強化。『動画』『写真』『ゲーム』『音楽』など、他分野においてその実力を発揮します。 カメラは夜景モードのアルゴリズムが最適化されているようなので、最新フラッグシップ機との比較が楽しみですね。

さらに、どちらのSIMもVoLTEに対応するDVDVもサポートしています。

最新モデルに関しては今後もGoogleのサポートが継続されるという公式発表をしたばかりのHuawei。

『Huaweiのスマートフォン、タブレットは今後どうなるの?』Huaweiが回答文書を公表

続きを見る

『Huawei nova 5』も大丈夫という判断で問題ないでしょう。Socがここまですごいのであれば、Huawei nova 5に関しても記事化しなくては。

最近のHuaweiに関する記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.