OnePlus 7 Proの遺伝子を持った『OnePlus 7』が数量限定で5万くらい

投稿日:

Pocket

世界最高峰のスマートフォン『OnePlus 7Pro 』。その弟分とも言えるのが『OnePlus 7』です。『大画面有機EL』だったり、『画面内指紋認証』だったり、『Snapdragon 855』だったり、『キャリアフルバンド対応』だったり、そして世界最速ストレージ搭載だったり。実は兄貴分に引けをとらないポテンシャルを持つ『OnePlus 7』。

しかし弟分なのは確かなので、価格設定は控えめです。OnePlus 7Proが7万以上していることを考えると、かなり控えめです。OnePlus 7Proもスペックからしたら超絶安いのですが、それでも少し迷ってしまって、同等のものを少し安く買いたいと思ってるのだとしたら、迷わず『OnePlus 7』を購入すれば恐らく幸せになれます。

 

 

ガラスにも拘った6.41インチの巨大な有機ELディスプレイを採用。最近はダークモードを搭載したアプリが増えているのと、最新のAndroid QではOS自体にダークモードが採用されるので、巨大な有機ELディスプレイを持ったOne Plus 7にとっては大活躍できる環境が整います。

カメラもOne Plus 6Tからアップデート。SONY IMX586センサーの搭載により4800万画素の超高解像度撮影が可能に。4つのpixelを1つに統合する技術により、解像度だけでなく光の取得量も4倍に。光の少ない場所でも手ブレしづらく、くっきりとした写真を撮ることが可能に。

また、OnePlusはソフトウェア開発にも余念が無く、アップデートで更に画質を向上させてくれるので買った後も更なる画質向上が期待できます。

 

ソフトウェアとハードウェアのコンポーネントを独自に組み合わせた高精度な光学式ディスプレイ内指紋認証も導入。ロックを解除する度にディスプレイは幻想的な光を放ちます。

 

SocはSnapdragon845から最新のSnapdragon855に。シングルコアのパフォーマンスは45%上昇。さらにグラフィックレンダリング性能が20%、AI性能に関しては300%という驚きの進化を遂げています。

 

Antutuのトータルベンチマークも362,000と安定の高さ。ゲームやらない人にとってここまでの処理速度は無用の長物かもしれません。

 

最も注目されるのはOne Plus 7に搭載されているストレージです。UFS3.0という最新規格に準拠した最新のストレージ(上位機種のOne Plus 7 Proと同じもの)が使われていて、これは前規格と比較して約2倍速。Micro SDカードなどとは比較にならない超高速処理を実現しています。

OnePlus 7 Proに搭載されるストレージ速度は従来の2倍に!世界初!UFS 3.0規格に準拠したスマホを発売開始へ!

続きを見る

ちなみにUFS3.0のストレージを搭載し、世界ではじめて発売されたスマートフォンがOne Plus 7シリーズです。最高スペックのストレージなので、One Plus 7を購入する時は是非高容量のものを選んでください。

 

さらにOne Plus 7はRAMブーストという独自機能がついていて、この機能を使うと8GBのメモリーが11.5GB相当の処理能力を発揮するというのだから驚きです。同時に処理できるアプリの数も16個から47個に増加します。RAMブーストすごすぎ。

RAMブーストとUFS3.0のストレージを組み合わせればどんな環境でも無敵状態に。高負荷のかかるデータの大きなゲームも、コレでだめならドレでやる状態になりますね。

 

30分で1日分の充電が完了するとうたっている、独自充電技術を用いた最大20Wのハイスピード充電技術にも注目。

そして忘れてはいけないのは『docomo』『Softbank』『au』へのフル対応。海外のSIMフリー端末は、Softbank以外100%に近い環境で中々使うことが出来ないのですが、One Plus 7は対応バンドの種類が多いので、まるで日本で売っているスマートフォンのように快適な環境で利用できます。

【対応バンドは以下の通り】

FDD LTE:バンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18 / 19/20/25/26 / 28/29/30/32/66/71
TDD LTE:バンド34 /
38/39/40/41/46 TD-SCDMA:バンド34/39
UMTS(WCDMA):バンド1/2/4/5/8/9/19
CDMA:BC0 / BC1
GSM:850/900/1800 / 1900 MHz

現存するスマートフォンの中で最高のスペックを誇るOnePlus 7Pro。その遺伝子をモロに引き継いだOnePlus 7が数量限定セール開催中。勿論日本語に全対応したグローバルモデル。OnePlus 7は、これまでと比較して速度が2倍になったプレミアムストレージを採用しています。何よりもストレージ容量を優先すべきです。

今回限定セールになっているのはストレージ容量『256GB』、完璧です。さらにメモリーも8GB。これは正真正銘、最高のスマートフォン。

OnePlus 7を限定価格で手に入れる事が出来るのは、現在開催中のGearBestの期間数量限定セールのみ!一定数量を超えると価格が上がる可能性、さらに売り切れてしまう可能性があるのでご注意ください。

※GearBestは日本語の分かる担当者もいます。さらに日本で購入するのと同じ1年修理保証が受けられます。価格が安いだけではなく、グローバル端末を購入する時はかなりオススメなショップ。

【格安SIM対応状況】

OnePlusの端末はとにかく日本の電波に強いです。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇

最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.