Amazfit Stratosが投げ売り中。Apple Watchの3分の1価格でこの見た目。。。

Pocket
Facebook にシェア

現存するスマートウォッチの中で一番格好良いと思ってるスマートウォッチがこのAmazfit Stratosです。格好良すぎて2018年度デザインアワードまで受賞しています。

スーツにもバシッと決まりそうな、このオメガスピードマスターみたいなディスプレイ。この見た目で高機能なのだからエリート認定するしかありません。ただし、その分当然高いです。5万まではしませんが高かったです。

それがいまや。。。信じられない。。。16,000円投げ売りか?超数量限定セールは今だけ。衝動買いレベルです。リンクは記事後半の赤いボタンから!

Amazfit Stratosはどんな時計?

Amazfit StratosはAmazfit Verge2と同じくスポーツを行っている時でも装着していられるように作られているので、汗や雨は勿論、50m程度の耐深性能(5気圧防水)も備えます。泳いだ時のデータも勿論計測可能。

さらにAmazfit Verge2と同じ2.5Dに加工されたガラスを採用。素材はコーニング社のゴリラガラスです。見た目の高級感とタッチの操作性向上を実現しています。

ディスプレイは1.34インチで、解像度はHD(320×320Pixel)。さらに有機ELではなく液晶なので、ディスプレイ性能で言えばAmazfit Verge2に劣ります。

ただし、ただの液晶ではなく反射型LCDが採用されているので、直射日光の下でも表示はくっきり。輝度も自動調整され、常に時計を見やすい環境が提供されます。

また、316Lステンレススチール製(クロムの含有量を18%に抑え、耐久性を高めつつ腐食保護加工が行われた素材。金属アレルギーを引き起こしにくいのも特徴)の物理ボタンを3つ搭載することにより、直感的なコントロールが可能に。

ベゼル部分はセラミック素材が採用されており、傷からの保護に加え独特の光沢が時計としての価値を高めています。

3Dレーザー加工されたカーボンファイバーテクスチャは他のスマートウォッチには無い圧倒的な高級感を演出。デザインアワードを受賞できたのも、この精密なカーボンテクスチャがあってのことでしょう。316ステンレススチールやセラミックといった高級素材との相性もバッチリ。

『ランニング』『ウォーキング』『サイクリング』『水泳』『バイクマシン』『登山』『ランニングマシーン』『トライアスロン』など、全部で11種類のスポーツモードを搭載。日常的な動きに加え、本格的なトレーニングのデータ計測にも対応します。

GPSGlonass(ロシアの衛星を利用した測位システム)のどちらにも対応。2つの衛星に対応することにより、どちらかの衛星から情報が得られない時でも、片方の衛星から情報を取得。精度の高い、正確なトラッキングを可能とします。

通常モードでの連続駆動時間は5日間程度。月~金まで充電せずにそのまま使えてしまう電池持ちの良さ。GPSをONにして消費電力が上がった状態でも35時間と1日以上利用可能。長距離レースへ参加した際のトラッキングもバッチリです。

Amazfit Stratosは512MBのメモリーと4GBのストレージを備えるので、単体で音楽プレーヤーとして利用することも可能。Bluetoothイヤフォンと接続することで、スマートフォンを持ち歩かなくても快適なトレーニング環境を構築できます。

Amazfitの純正アプリケーションを使えばフェイスデザインを変えたりアプリの通知設定の切り替えが容易に。

日本語対応したMi fitと同期させれば、計測したデータを分かりやすく表示することが出来ます。

1つ難点があるとすれば、時計側の表示は英語です。ただしシンプルな英語なのですぐに理解できるでしょう。アプリは日本語化されているので、細かい設定やデータの表示は問題ありません。

SIMフリースマートフォンやスマートウォッチなど、グローバルモデルを最も買いやすいお店がGearBest。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。

なので他のオンラインショップより価格は少し高目な筈・・・なのですが、たまにフラッシュセールで他のお店より安く販売していることがあるのです。

Amazfit Stratosも現在フラッシュセール中。何と16,000円付近までプライスダウン!Amazfit Stratosは見た目も性能も、この価格で購入できるスマートウォッチでは絶対にありません!。数量限定のセールなので売り切れの際はご了承ください。

最新の限定セール情報はコチラ

Xiaomiに関する最新情報はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

Xiaomi Mi Band 4を『安く』『早く』購入できるお店はコチラ

続きを見る

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

『Mi Band 4』と『Mi Band 3』を徹底比較!買いはどっちだ!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.