Apple iPad 7の量産間近。MacBook Pro 16インチも準備段階

投稿日:

Pocket

台湾メディア『Economic Daily』の報道によると、新型iPad(iPad 7)の量産が7月中に開始される予定。

また、16インチの大型ディスプレイを搭載したMacBook Proも、今年の第4四半期に量産が開始されるとのこと。MacBook Proに関しては台湾の『Radiant Opto-Electronics』が、バックライトモジュールの独占供給を行うとも報じています。

iPad 7は9.7インチの後継機という位置づけで、画面サイズは10.2インチとやや拡大する見込み。

iPhoneに関しては、売上が落ち込む中国市場に向けて廉価モデルが投入されるとの噂。廉価モデルはFace IDをディスプレイ内指紋認証に置き換えコストダウンを図ります。発売日については、正規のラインナップからは外れ、別にリリース可能性が高いです。

さらに、グローバル・タイムズはAppleの中国でのシェア落ち込みがかなり深刻であると伝えています。逆にシェアを伸ばしているのは自国メーカーのHuaweiやOPPO。

業界のコンサルティングデータによると、Huaweiの中国における販売台数は最大。シェアにして約34%。次いでVivoが19%、OPPOが18%、中国市場ではやや苦戦するXiaomiが12%。Appleはさらにしたの9%に留まります。

それでもAppleの高い売上構成比を占める中国市場。巻き返しを図らねば全体の売上を落とすことに。ただし、廉価モデルの販売によりブランドイメージを壊してしまったら、それこそ取り返しのつかないことになるでしょう。

最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.