OnePlus 7 Proは防水性能アリ。防水規格(IP)未取得はコスト削減の為だった!

更新日:

Pocket

OnePlus 7 Proには1つだけ弱点があります。いや、弱点だと思われているだけかもしれません。それは防水防塵性能を示す『IP規格』を取得していないこと。OnePlusはOnePlus 7 Proにある程度の防水性能があることを主張していますが、その限界については明言していません。

OnePlusのCEOであるPete Lauは、IP規格の取得省略についてこう答えています。『泳ぐ時にスマートフォンを使用しているユーザーは少数。その少ないユーザーの為にIP規格取得に対する料金を支払うことは、多くのユーザーに対するコストを無駄に上げるだけ。

上記はIP規格取得にかかる費用が1台につき30ドル程度かかることを前提に話しています。原価が30ドル上がるというのは、メーカーサイドからするととても大きな出費です。『コストを下げ品質は最大限に高める』というOnePlusの企業姿勢からすると、規格をとる為だけに支払う『30ドル』はどうしても納得がいかなかったのでしょう。この考え方、ユーザーは称賛すべきでは。

OnePlusはIP規格を取得せずともOnePlus 7 Proに防水性能があることを知らしめるために、水の入ったバケツの中にOnePlus 7 Proを落とす動画を公開。5分間の水没では端末が故障しないことをアピールしています。

OnePlus 7 Series - We just bought a bucket.

Waterproof ratings for phones cost you money. We just bought a bucket. Get ready for the #OnePlus7Series at https://onepl.us/launch_2019yt Follow us on social media for the latest OnePlus news: Facebook - http://onepl.us/f Twitter - http://onepl.us/t Instagram - http://onepl.us/i LinkedIn - http://onepl.us/l

 

しかし防水性能の限界がどの程度なのかはやはり気になるところ。CNETは、OnePlus 7 Proを水の中に入れて、端末が故障するまでテストを行いました。

OnePlus 7 Proを10分間、30分間水の中に浸水させる

最初のテストでは10分間、水を入れた水槽の中にOnePlus 7 Proを放置しました。公表されている5分間からは2倍の時間に。結果は『操作』『通話』『ブラウジング』『動画再生』『カメラ動作』ともに問題なし。音声が少し籠った感じになりましたが、エアーコンプレッサーなどで水分を飛ばすことで元の状態に。

これで水槽程度の深さであれば、水没して10分間までは耐水性能があることが分かりました。さらに時間を30分に延長しても結果は同じ。水没時間が長くなれば故障の可能性は高まるのですが、見事にクリア。素晴らしい・・・。

OnePlus 7 Proを90cm程度の深さまで水没させる

最初に行ったテストは水の深さが水槽なのでやや浅かったのに対し、次に行われたテストではプールを利用。深さは90cm程度となり、水圧が高まり、故障リスクが上がります。

テスト開始から約8分後、ディスプレイが消え故障状態に。30分経過した後動作確認をすると、ボタンを押すことで僅かな反応は示すものの数分後に動作不能に。

OnePlus 7 Proの防水性能は日常利用では十分すぎる

水槽レベルで30分以上。プール程度の深さであれば8分程度は耐水性あり。日常生活では十分すぎる防水性能です。最も水深の深い場所でのダイビングなど、本格的な水中使用に適していないのはどのスマートフォンも同じ。立派な防水性能も証明され、OnePlus 7 Proがやはり無敵のフラッグシップモデルであることがまた一つ証明されました。

そしてこの防水性能を持ちながらIP規格は見送り、コストを削減してユーザーに価格で還元。最高を生み出すための真髄を見た気が。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 11/20】OnePlus 7T『53,333円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 11/20】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【73,018円】

続きを見る

【超最安値 11/20】Xiaomi Mi A3『18782円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 11/20】Xiaomi Redmi Note 8『16840円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 11/20】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 11/20】Xiaomi Redmi Note 8 Pro 『24,581円』AI4眼カメラ、4500mAh

続きを見る

【超最安値 11/20】Xiaomi Mi 9T Pro【36480円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 11/20】OnePlus 7【43529円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 11/20】OnePlus 7 Pro【65182円】UFS3.0、有機EL90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 11/20】ROG Phone 2が58544円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 11/20】ASUS ZenFone 6【58608円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.