OnePlusがスマホ市場世界第2位のインドでフラッグシップモデルシェア頂点に

Pocket

スマートフォン業界の分析データを提供しているCounterpoint Researchが、インドのスマートフォン市場における最近のレポートを発表しました。

レポートの内容によると、スマートフォン全体のシェアでトップに輝いているのは『Xiaomi』です。しかし興味深いデータはフラッグシップモデルに特化したもの。

前期まではSamsungがフラッグシップ市場シェア第1位だったのに対し、それを見事に奪還したのが、フラッグシップモデルしか作らないメーカー『OnePlus』です。しかしOnePlusがインドのフラッグシップモデル市場でトップになったのは初めてではありません。

Counterpoint Researchが2018年第2四半期に提供したインドフラッグシップモデル市場のレポートによると、Samsungのシェアが34%、Appleが続いて14%。そしてOnePlusはなんと40%ものシェアを、この時すでに獲得していたのです。

OnePlusはSamsungによって一度トップを奪われたものの、『OnePlus 7』『OnePlus 7 Pro』の爆発的なヒットにより再びシェア第1位の座に返り咲きました。

エントリーモデルではXiaomiとSamsungがシェアを奪い合う状態に。XiaomiはRedmiやPocophoneの投入で攻勢を強め、全体のシェアでは1位を獲得。対するSamsungはフラッグシップモデルのトップシェアからも転落し、苦境に陥っています。

インドは中国に次いで、世界で2番目の巨大なスマートフォン市場。インドでの成功は量産体制を築く事に繋がり、メーカーとしての基盤となります。それだけに、真の実力が試される場所でもあります。

インド市場のフラッグシップ市場で頂点に立つという意味を、今後OnePlusが教えてくれそうです。

※現在Gearbestと共同のイベント『ハイガジェ祭』を開催中。ハイガジェ祭の中ではOnePlus 7 シリーズをからさらにプライスダウンする、ココでしか手に入らないクーポンを配布中。枚数には限りがあり、残っているのは現時点で後わずか。ご利用はお早目に。

OnePlus 7 Proの詳細、ハイガジェ祭専用クーポン&セール情報はコチラ

OnePlus 7 Proはこんなスマートフォン!ハイガジェ祭専用クーポン&セール情報

続きを見る


最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.