スピード狂に最適な『OnePlus 7』8GB/256GBが 48,599 円!スマホ最速体験しませんか?8/25迄

Pocket

上位モデルのOnePlus 7 Proを差し置いてAntutuのトータルベンチマークで世界一のスコアを記録した『OnePlus 7』。さらにストレージのスコア計測ではUFS3.0の力を思う存分に発揮!他のフラッグシップモデルの2倍以上のスコアを出して圧倒的なスピードを見せつけました。実際に使っていてもスピードの速さは体感できます。Snapdragon855搭載端末と比較しても速いです!

本日はそんな驚速OnePlus 7の最高スペック、1番人気で在庫がすぐに無くなってしまう8GB/256GBモデルが大幅にプライスダウン!過去最安値の48,599 円に!普通のフラッグシップモデルじゃ物足りないけどお金はそんなに出したくない。そんな人に最適なのは間違いなくこのOnePlus 7がオススメ!!世界で150台限定です。世界中から注文が殺到する瞬殺クーポンなのでお見逃しなく!!

※OnePlus 7 最安セール会場へのリンクはこの記事の後半に記載します。是非見つけてくださいね!

OnePlus 7はこんなスマートフォン

ガラスにも拘った6.41インチの巨大な有機ELディスプレイを採用。最近はダークモードを搭載したアプリが増えているのと、最新のAndroid QではOS自体にダークモードが採用されるので、巨大な有機ELディスプレイを持ったOne Plus 7にとっては大活躍できる環境が整います。

カメラもOne Plus 6Tからアップデート。SONY IMX586センサーの搭載により4800万画素の超高解像度撮影が可能に。4つのpixelを1つに統合する技術により、解像度だけでなく光の取得量も4倍に。光の少ない場所でも手ブレしづらく、くっきりとした写真を撮ることが可能に。

また、OnePlusはソフトウェア開発にも余念が無く、アップデートで更に画質を向上させてくれるので買った後も更なる画質向上が期待できます。

ソフトウェアとハードウェアのコンポーネントを独自に組み合わせた高精度な光学式ディスプレイ内指紋認証も導入。ロックを解除する度にディスプレイは幻想的な光を放ちます。

SocはSnapdragon845から最新のSnapdragon855に。シングルコアのパフォーマンスは45%上昇。さらにグラフィックレンダリング性能が20%、AI性能に関しては300%という驚きの進化を遂げています。

Antutuのトータルベンチマークは『363,673』。このスコアは世界中のスマートフォンを含めて世界5位。iPhone XS Maxよりも上です。この速さを体感したらもうミッドレンジなどは使えないかもしれません。重たいゲームだってバリバリ動きます。

最も注目されるのはOne Plus 7に搭載されているストレージです。UFS3.0という最新規格に準拠した最新のストレージ(上位機種のOne Plus 7 Proと同じもの)が使われていて、これは前規格と比較して約2倍速。Micro SDカードなどとは比較にならない超高速処理を実現しています。

OnePlus 7 Proに搭載されるストレージ速度は従来の2倍に!世界初!UFS 3.0規格に準拠したスマホを発売開始へ!

続きを見る

ちなみにUFS3.0のストレージを搭載し、世界ではじめて発売されたスマートフォンがOne Plus 7シリーズです。最高スペックのストレージなので、One Plus 7を購入する時は是非高容量のものを選んでください。

さらにOne Plus 7はRAMブーストという独自機能がついていて、この機能を使うと8GBのメモリーが11.5GB相当の処理能力を発揮するというのだから驚きです。同時に処理できるアプリの数も16個から47個に増加します。RAMブーストすごすぎ。

RAMブーストとUFS3.0のストレージを組み合わせればどんな環境でも無双状態に。このスマートフォンでダメなら他に選択肢はありませんよ!

20Wの急速充電機能を使えば30分で1日分の充電が完了。全てが速いOnePlus 7は充電速度も驚速なのです。

OnePlus 7 4G Phablet International Version - Gearbest.com

BUY HERE:https://bit.ly/32j5Py0 【Gearbest Awesome Tech Products】→ https://bit.ly/2N6FOfZ 【Gearbest New Arrival】→ https://bit.ly/2H9SmQ2 【More Flash Sales Promotion】→ https://bit.ly/2KAPrSq

OnePlus 7ベンチマークテスト結果

OnePlus 7のAntutuトータルベンチマークスコア

公開されているグローバル市場向けのAntutuトータルベンチマーク。OnePlus 7は堂々の世界第5位です。1位は同メーカーのOnePlus 7 Pro。さすがキングです。Xiaomi Mi 9では公開されているベンチマークとほぼ同じスコアが出ました。OnePlus 7 も同じ結果になるであろうと予想していたのですが・・・まさかの予想外な結果に。

ぎえぇええ。スコアは『372,241』。兄機を超えてしまっています。計測時点では世界一に。確かに操作していて何もかもがめちゃくちゃ速いです。スクロールにしてもタッチから次の画面に移るにしてもとにかく速い。ストレージに世界最速のUFS 3.0を搭載していることも影響しているのでしょう。

しかしCPUとGPUスコアの高さにはただただ驚きです。OnePlus 7はセール価格であれば8GB/256GBモデルが4万円台で購入できます。とてもその価格で購入できるスマートフォンのスコアではありません!重いゲームだってなんだって余裕でこなせます。このスコアでこなせないものは無え!

 

OnePlus 7のAntutu CPUベンチマークスコア

【CPUとは】人間でいうと脳の部分です。CPUのスコアが高ければその端末は思考能力が高いということになり、複雑な処理も素早くこなします。

 

OnePlus 7の GPUベンチマークスコア

【GPUとは】3Dなどの重いデータを処理するときに、CPUを助ける役割をしているのがGPUです。GPUのスコアが高いとCPUの負荷をうまく分散させることが出来るので、動作はより快適になります。

 

OnePlus 7のAntutu UXベンチマークスコア

【UXとは】総合的な端末に対する使いやすさや満足度を数字で表しています。どういった用途で端末を選ぶかにもよりますが、何も分からずに判断基準が無い場合はUXスコアの高い端末を選ぶと良いかもしれません。

 

OnePlus 7のAntutu MEMベンチマークスコア

【MEMとは】一時的なデータの書き込みと読み込みを行うためのRAM(俗にいうメモリー)と保存するためのROM(俗にいうストレージ)の速度を数値で表しています。沢山のアプリを一度に立ち上げたり、データの読み書きを頻繁に行うような使い方をする場合にはMEMの数値が高いものを選びましょう。

 

OnePlus 7の3DMarkベンチマークスコア

3DMarkベンチマークテストでは、デバイスのCPU性能とGPU性能を計測し、3Dグラフィックの性能をチェックするための各種テストを実行することができます。テスト結果はスコアとして表示され、スマートフォンでゲームをする人達にとっては信頼の出来る指標の一つとなっています。

公開されている3DMark Sling Shot Extremeのスコアは世界1位がXiaomiのBlack Shark 2で『6061』。そして第2位がOnePlus 7です!あれ?OnePlus 7 Proはどこいった?そして実際OnePlus 7で計測した結果は『5725』!!!公表されているものよりハイスコアです。世界1位まで後一歩。GPUスコアが凄まじい結果だったので3Dのスコアが伸びるのは当然。これは高負荷のゲームをやらなければ損ですね!

 

Xiaomi Mi 9のGeekbench 4 ベンチマークスコア

Geekbench 4は、素早く正確にデバイスのCPU/GPU性能を測定できるように設計されています。マルチコアによる測定も可能とし、デバイスの持った全潜在能力をしっかりと数値で表します。

Geekbench 4 シングルコア

Geekbench 4のシングルコアは、SamsungのGalaxyが軒並み上位を占拠。しかしちょっと不自然な数値です。マルチコアと比較するとマルチの方はそこまで伸びてないですからね。Galaxyをのぞくと『3428』のBlack Shark 2が1位に。OnePlus 7のスコアはというと・・・『3509』です!Black Shark 2をぶち抜いとります!強い!!

Geekbench 4 マルチコア

シングルコアではブッチギリなGalaxyですが、マルチコアではBlack Shark 2やOnePlus 7 Proにスコアで負けています。1位のBlack Sharkのスコアは『10762』となっています。11000には届かず。しかし・・・OnePlus 7届いてはしまったんです。OnePlus 7のGeekbench 4 マルチコアスコアは『11181』!!!!これこそブッチギリ!Antutuのトータルスコアに続きまたもや1位!強すぎるぞOnePlus 7!!

OnePlus 7 VS PocoPhone F1 VS Xiaomi Mi 9 VS Redmi Note 7 ストレージ比較

スコアの測定にはPCMARK.for Androidのアプリを利用しています。なんだかOnePlus VS Xiaomiみたいな構図になってしまいました。OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9はフラッグシップなのでUFSですが、ミッドレンジのRedmi Note 7 はeMMCを採用しています。UFSとeMMCの比較を見ても面白いかもしれません。

OnePlus 7 ストレージスコア(UFS 3.0)

Pocophone F1 ストレージスコア(UFS2.1)

Xiaomi Mi 9 (UFS2.1)

※Xiaomi Mi 9はPC MARKのストレージ測定と相性が悪いらしく、何度かエラーになりました。UFS2.1なので1万を超えるスコアが出るはずもなく、正しい数値では無いですね。一部を参考にしてください。

Redmi Note 7(eMMC 5.1)

OnePlus 7、Pocophone F1、Xiaomi Mi 9、Redmi Note 7のストレージ速度を実際に比較してみて

UFS 3.0、UFS 2.1そしてeMMC 5.1との比較となりました。Xiaomi Mi 9のスコアは少しバグってしまってますが、OnePlus 7とPocophone F1を比較すると、UFS 3.0の読み書き速度がUFS 2.1の2倍程度の速度であることが分かります。eMMC 5.1はUFS 2.1から少し劣るスコアに。

UFS2.1とeMMC 5.1のスコアはそこまで大きく離れていませんが、消費電力が大きくなるのはeMMC 5.1です。大きなデータを何度もやりとりすることで電池の減りが早くなるのは明らか。USFは高速+低消費電力というのが特徴です。OnePlus 7が搭載しているUFS 3.0は超高速かつ低消費電力という圧倒的な高性能。使えば使うほどその優秀さを実感できるでしょう。実際に今使ってますけど、本当にコレはちょっと想像以上。凄いです。

OnePlus 7 をハイガジェ価格で購入できる限定クーポンはコチラから

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

OnePlusの端末はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末と同様に使えます。同様な筈がありません。国内端末以上に使えます。

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

クーポンコードの入力方法 【GoogleかFacebookアカウントを使って購入する場合】

スマートフォンとパソコンからでクーポンコード入力までの操作が若干異なります。パソコンでの操作の方が分かりやすいので、スマートフォンでも出来れば『PC表示』に切り替えてご利用ください。

  1. スマホの場合PC表示に切り替える
  2. クーポンコードをコピー
  3. セール会場への掲載リンクへアクセス
  4. カートに追加を選択
  5. 右上のサインインからGoogleかFacebookのアカウントにログイン
  6. カートを選択
  7. 購入する製品にチェックを入れる
  8. 清算に進むを選択
  9. クーポンを使うを選択し、クーポンコードを入力して適用
  10. 注文する

※スマートフォンから入って価格が円表示にならない場合は、PC表示に切り替えてみてください。

※送料が高目に表示される場合は、配達先が『遠隔地』に設定され、転送料が含まれてしまっているからです。受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

OnePlus 7 8GB / 256GBを最安値で購入できる専用クーポンコード

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

GBOP7RSBW


OnePlus 7 12GB / 256GBを最安値で購入できる専用クーポンコード

【格安SIM対応状況】

docomo回線:◎ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇(au回線での通話に関しては別途設定が必要か利用出来ない場合あり)

HYPERGADGET02


最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.