Xiaomi Redmi Note 8 Proは液体冷却と4,500mAhの大容量電池搭載!ゲームフォンにもなるぞ!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiの副社長でサブブランドRedmiのブランドゼネラルマネージャーを務める『Lu Weibing』は、自身のWeiboにRedmi Note 8 Proに搭載されるSocがMedeiaTecの『Heilo G90T』になることを投稿しました 。先日MedeiaTecが公表していたので驚くことは何もありません。さらにユーザーが気になるポイントの一つ、Heilo G90Tの『消費電力』についてもコメント。

MediaTecのSocは消費電力に関してあまり良いイメージがありません。後は発熱するイメージもあります。Lu Weibingはその部分に関してもmしっかりと説明。Heilo G90Tは12nmプロセスで設計されています。現在最新Socの設計は7nm。サイズが小さくなればなるほど、電力効率は高まります。

12nmというサイズは、当たり前の話ですが7nmと比較して大きいです。なので電力消費が激しいということに。Lu Weibingの説明によると、7nm設計のプロセッサとの消費電力のギャップは10%程度。そこを考慮してRedmi Note 8 Proの電池容量は4,500mAhに増量しているという。さらに液体冷却システムの搭載により、発熱を抑制。冷却システムは4~6度プロセッサや充電チップの温度低下を可能に。トータルバランスが考慮されています。

また、『大容量のバッテリーを搭載しつつ、他社の製品より薄く、重量は遥かに軽い』とも述べており、事実だとすれば内部構造がかなり気になります。

Heilo G90Tにはゲームパフォーマンスを向上させるために、第三世代のGPU『Mali-G76』を採用。これはフラッグシップモデルに搭載されているプロセッサーと同じもの。さらにゲームのエクスペリエンスを向上させるMediaTekの『ハイパーエンジンゲームテクノロジー』とXiaomiのソフトウェア技術である『ゲームターボ 2.0』を組み合わせることで、優れたゲーム環境と低消費電力を実現します。

先ほど公開した記事で書いたようにAntutuのトータルベンチマークは28万越え。もはやこれはカメラフォンではありません。PocoPhone F1のカメラを強化したようなイメージですね。そしてもう一つ気になるのは、Heilo G90Tは90Hzの高速表示に対応しています。まさかProの方には高速ディスプレイが搭載されるのか!?まさかねぇ・・・

Xiaomi Redmi Note 8 ProのAntutuが28万越え!新型iPhoneの対抗馬に!実機画像もリーク!

続きを見る

最新の限定セール情報はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.