Xiaomiの最新OSアップデート率はAndroidで世界第3位。1年以内のスピードは2位。企業としての実直さが可視化

投稿日:

Pocket

GoogleのPixelシリーズ、またはAndroid OneというカスタマイズなしのOSを採用しているスマートフォン以外は、Android OSを自社でカスタマイズした『独自のハイブリッドOS』が採用されています。

そのハイブリッドの中で最も完成度が高いOSの一つがXiaomiの『MIUI』です。操作性は勿論のこと、アルゴリズムを強化することによりカメラの画質、バッテリーのパフォーマンスなどあらゆる点に改善が加えられています。そのMIUIですが、特化しているのは完成度の高さだけではないのです。

Counterointが公開しているグラフを参照すると、2018年第三四半期以降に発売されたスマートフォンにおいて、すでに最新OSに更新されている端末が84%。これはNokiaとSamsungに次いで3番目のアップデートスピードです。日本でも発売されているOPPOに関してはまだ4割未満。LGに関しては2割未満と、各メーカーによってアップデートスピードにかなり差があることがこのグラフを見ると良く分かります。

そしてこちらのグラフは、Googleが最新OSをリリースしてから1年以内にどれだけのアップデートが完了しているかの推移。ここではSamsungを抜いてXiaomiが2位に上がっています。フラッグシップモデルなどへのアップデートはやたら早いイメージなので、それが結果として表れているのでしょう。

OSのアップデートをスピーディーかつ出来るだけ多くの端末に行うことはメーカーにとって最も重要な役割の一つ。Xiaomiの場合は取り扱っているモデルが幅広いので本来アップデートはフラッグシップモデルに集中する筈ですが、このグラフを見る限りそういったことはありません。つまり企業としてユーザーをとても大切にしているということです。

ユーザー第一主義はきちんと視覚化され市場に伝わります。そしてそれが売り上げとして返ってくることをXiaomiがはっきりと示しています。OPPOやLG、グローバル展開するならもう少し頑張ってほしいですね。イメージが悪くなりました。

そして次はいよいよAndroid 10。つまりMIUI 11へのアップデートが待っています。楽しみですね!

Xiaomi Mi 9T Pro、Mi 9T、Mi 9が最安値になる【そうだ『Xiaomi』買おう。】イベント開催中!9/8まで

Xiaomi Mi 9T Pro、Mi 9T、Mi 9が最安値になる『そうだ、Xiaomi買おう。』は9/8まで!

続きを見る

Xiaomiに関する関連記事はコチラ

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.