iPhone 11のリーク情報を元にスペックとコスパを検証

Pocket

9月10日に『Keynote September 2019』内でリリースされる新型iPhone。いよいよ後一週間となりました。最新モデルとなるiPhone 11は一体どんなアップデートをするのでしょうか。そしてその内容は、はたして最新のものなのか?中国の有力メディア『「快科技』が公開している画像と情報を元に、Androidの現状と比較検証していきたいと思います!

iPhone 11 約8万円程度~

  • ディスプレイ:6.1インチ液晶 Liquid Retina HD(1792×828px)
  • Soc:A13 Bionic
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB/256GB/512GB
  • フロントカメラ:1200万画素
  • リアカメラ:1200万画素(デュアルレンズ)
  • 電池容量:3,110mAh
  • Face ID対応
  • 3D Touch非対応
  • Wi-Fi 6対応
  • Apple Pencilのサポートなし

iPhone 11はメモリが3GBから4GBへ微増もメモリサイズを選べないデメリットは消えず

アプリが落ちると不評だったメモリですが、3GBから4GBに微増。Androidのようにメモリ容量を選ぶことが出来ないのはiPhoneにおける大きな欠点です。プログラムが優秀だから少ないメモリでも動くというのを強調したいのでしょうけど、実際アプリが落ちたり動作が重いというレビューがユーザーから上がっているのですから、無理やり美学を押し付けず、対処するのがメーカーサイドの仕事だと思いますが。

iPhone 11は低解像度。差別化する為とはいえ低解像度モデルを出し続ける理由が分からない

今時フルHD以下のディスプレイを採用してるスマートフォン、Androidだったら確実に1万円台ですよ。iPhone XRのディスプレイを見た事がある人であれば分かると思いますが、若干文字がにじんでます。長時間見てると目が疲れるのですよ。4K解像度が必要だとは言いません。それでも最低フルHD解像度にするべきです。しかも液晶?それで8万?高すぎます。

iPhone 11は電池容量が3,000mAhちょっとになりそう。ディスプレイサイズから考えても少なすぎ

そして電池容量。iPhoneの電池持ちがAndroidと比較して圧倒的に悪いのは電池容量の少なさにあります。6インチ程度で3,000mAh程度の電池容量。Androidユーザーであれば間違いなく悲鳴が上がるでしょう。電池を高容量化してもスリム軽量に仕上げる。それが今のAndroidのトレンド。Appleにはその技術力が無いのかと勘ぐってしまいます。

iPhone 11はようやくデュアルレンズ化。フロントカメラはオマケ程度

さらにいくら最廉価モデルといえデュアルレンズ。前モデルとなるiPhone XRはシングルレンズでもデュアルレンズに負けないアルゴリズムというアピールが仇となりDxOMarkではランキング15位と低迷しています。この辺りはGoogle Pixel 3も同じことでしょう。もっとも、レンズが増えてカメラ性能が進化していないのであれば悲惨なことに。どこまでAndroidのフラッグシップモデルに迫ることが出来るか!

フロントカメラはZenFone 6のような自撮りカメラが売れまくっているにも関わらず700万画素から1200万画素への微妙なアップデート止まり。自撮りをしないのでこの辺りは興味ないですが、市場背景からいくとポンコツスペック。というか700万画素しか無かったって!!そっちの方が驚きです。

iPhone 11の64GBモデルが8万超えるならOnePlus 7 Proを買う

64GBが8万超えるんだったら、間違いなくOnePlus 7 Proの12GB/256GBを買った方が幸せになれます。8GBモデルじゃなくて12GBモデルが買えてしまうのですよ。Xiaomiだったら半額で最高スペックのMi 9が買えます。出たばかりのMi 9Tだって買えますよ!何を好んで低解像度の低容量モデルを買う理由があるのか。私には理解できかねます。

最新通信規格Wi-Fi 6への対応はメリットとしては小さい

日本は通信規格の整備がとても遅い国です。世界中で5Gネットワークがスタートしているのに、日本で使えるようになるのは来年以降。Wi-Fi 6だって聞いた事もない人の方が多いでしょう。せっかくの最新規格ですが使えないのであれば価値とはなりません。これはiPhoneというより日本市場の残念ポイントですね。

最新の限定セール情報はコチラ

ahamo、SoftBank on LINE、povoにもお勧めなOnePlus 8 Proの12GBが83,908円!

通信キャリアの格安プラン、NTTドコモの『ahamo』、Softbankの『SoftBank on LINE』、auの『povo』、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT V』を利用するには ...

AQUOS sense4 Plusが乗り換え特価20,800円で買えるのは1月12日まで!90Hz表示&スナドラ720G

格安SIMの『OCN モバイル ONE』では、1月12日(火)の午前11時まで限定で『AQUOS sense4 Plus』の特別セールを開催中。期間内であれば、Amazonでの販売価格が『50,600 ...

楽天モバイルがRakuten Handの実質0円キャンペーン開始!Antutu27万超え、長時間駆動のスリムスマホがお得

楽天モバイルが1月7日(木)から、『Rakuten Hand』が実質『0円』になるキャンペーンを開始しました。詳細は以下の通り。 キャンペーン開催期間について Web:2021年1月7日(木)9:00 ...

格安SIMのOCNモバイルONEが最大1万3千円のキャッシュバックキャンペーンを開始!1月31日までの期間限定!

NTTコミュニケーションズが運営している『格安SIM』の『OCN モバイル ONE』では、1月5日(火)~1月31日(日)までの期間限定で、最大『13,000円』のキャッシュバックキャンペーンを開催中 ...

置きやすい画面付スマートスピーカーEcho Show 5がAmazonの初売りで5,980円!テレビ電話も楽しめる!

ついにスタートした2021年。Amazonでは年が明けて間もないにも関わらず最大級のセールイベント『初売り』がスタートしています。『初売り』には2020年に行われた『プライムデー』で最も売れたAmaz ...

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.