QualcommがHuaweiとの取引を再開へ

投稿日:

Pocket

アメリカの最大手チップメーカーQualcommは、アメリカ政府の規制によりHuaweiとの取引を停止していました。しかし最新のレポートで、QualcommのCEOであるSteve Morenkovが、Huaweiとの取引を再開したことを報告。

Steve Morenkovは『全ての米国企業が貿易規制の対象となっているが、QualcommはHuaweiへの供給を再開した。今後も継続的に供給を行うつもりだ』と述べました。

8月にアメリカ政府はHuaweiとアメリカ企業の貿易ライセンスを90日間延長。特定の事業を行えるように、そこからさらに90日間の猶予を与えています。しかしアメリカ企業は現在、中国企業とのやりとりを行う為に特別なライセンスを取得する必要が生じています。

2018年、Huaweiが機材購入に投じた費用は約700ドル。その内110億ドルがアメリカQualcomm、Intel、Micronから。つまり取引が無くなったアメリカ企業にも大打撃が与えられている訳です。このまま時間が経過して貿易ライセンスが完全に停止すれば状況はさらに悪化。

これ系の話は、Huaweiとライセンス契約を結んでいたGoogleなどにも当てはまります。相互関係により保たれていた売り上げと技術の発展。バブルだったスマートフォン市場も完全に踊り場状態。

Huaweiは自社OSという逃げ場がありますが、GoogleがHuaweiレベルのライセンス契約を今後取得するのは不可能でしょう。そして何よりユーザーが置いてけぼりの状態に。そこが一番の問題ですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.