Vivoが年末までにSamsung『EXYNOS 980』搭載スマートフォンをリリース!5G対応ミッドレンジモデルに

投稿日:

Pocket

VivoがSocの独自開発を行っているという噂がここ最近流れていました。しかし同社はその情報を完全に否定。今年の年末にリリースされるニューモデルはSamsungと手を組み、Socには最新の『EXYNOS 980』が搭載されるとのことです。

EXYNOS 980は5Gモデムを内蔵したミッドレンジ向きの最新Soc。8nmプロセスで設計が行われ、 CPUはCortex-A77×2、CORE-A55×6といった構成。GPUはMali-G76 MP5で、AI性能を高めるNPUも備えます。また、5Gモデムを内蔵することにより電力効率が上昇。省電力駆動も実現しています。

また、EXYNOS 980のスペックシートによると、最大ダウンロード速度は2.55Gps。4Gと5Gを組み合わせることで3.55Gbpsまで速度を高めることも可能です。はじめてEXYNOS 980を搭載するVivoのニューモデルは、2019年度最速のネットワーク速度を持つ端末の1つとなるでしょう。

来年は5Gネットワークがさらに拡充されます。最大手チップメーカーのQualcommは、ミッドレンジ向けのSnapdragon6、7シリーズを5Gに対応させることを公表しています。そしてそのSocをはじめて採用するのはOppoになることを同社の副社長が明言しています。

5G対応のミッドレンジモデルがどれくらいの価格になるかは興味深いですね。そして海外の5G争奪戦にAppleと日本はついていくことが出来るのか。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 10/19】Xiaomi Mi 9『35,313円』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 10/19】Xiaomi Mi 9T Pro【36697円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 10/19】OnePlus 7【44273円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 10/19】OnePlus 7 Pro【61994円】UFS3.0、有機EL90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 10/19】ROG Phone 2が60035円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 10/19】ASUS ZenFone 6【59780円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.