AQUOS zero2は240Hzの驚愕高速ディスプレイ採用!しかし電池容量は3,130mAh。地雷の予感・・

Pocket
Facebook にシェア

SHAPは25日、新たなフラッグシップモデル『AQUOS zero2』をリリースしました。目玉スペックはなんと240Hzの超高速表示ディスプレイ。しかも有機ELです。

ディスプレイは6.4インチと大型で、解像度はフルHD+(2340×1080)。SHARP独自の『10憶リッチカラーテクノロジー』が採用され、有機ELの発色をさらに美しく彩ります。240Hz表示は特殊で、2枚のフレームの間に黒のフレームを1枚挟むというもの。なので厳密な240Hzかと言われると微妙です。SHARP曰く、黒のフレームを挟むことで『網膜残像』を軽減するとのこと。滑らかかつくっきり見えるようになるのが特長のようです。これは実際に見てみたいですね。

SocにはSnapdragon 855(Xperiaと同様にSnapdragon 855 Plusの採用は見送り)を採用。メモリー8GB、ストレージはUFS3.0をサポートして256GB。日本企業であった頃のSHARPでは、ここまでのハイスペック化は中々難しかったでしょう。そして実行スピードも早いです。

しかしどうしても気になる点が。電池容量です。AQUOS zero2の目玉は240Hz表示の超高速ディスプレイ。ディスプレイは高速表示させればさせるほど消費電力が高まります。ROG Phone 2は有機ELの120Hz表示ディスプレイを採用していますが、それに合わせて6,000mAhの大容量電池を採用。ディスプレイに合わせたベストな組み合わせです。

AQUOS zero2はスリムであることもウリとしています。重量は僅か143g。その時点で嫌な予感が。電池容量を調べてみました。3,130mAh。絶句です。iPhoneより少ないじゃないですか。これ、240Hz表示だと使い物にならないと思いますよ。

いくらIGZOの技術が発達しているからと言って流石に無理ゲーです。ちなみにXiaomiのMi 9のディスプレイは高速表示に対応していますが、消費電力とのバランスの兼ね合いでソフトウェアで制御。あえて60Hzという選択肢をとっています。

折角素晴らしい技術を採用しているのに、どうしてこうアンバランスになるのでしょう。日本では分かりませんが、グローバル市場では売れない予感。実機を実際に触ってみたいとは思いますが、欲しいとは思いませんね・・・

SHARP AQUOS ZERO2スペック

  • ディスプレイ:  6.4インチOLED、フルHD + 2340×1080ピクセル、240 Hzリフレッシュレート
  • オペレーティングシステム:  Android 10
  • プロセッサー:  Qualcomm Snapdragon 855、Octa Core
  • RAM:  8 GB LPDDR4x
  • ストレージ:  256 GB、UFS 3.0
  • リアカメラ:  12 MP +超広角センサー、LEDフラッシュ
  • フロントカメラ:  8 MP
  • セキュリティ:  インディスプレイ指紋スキャナー
  • 接続性:  4G VoLTE、Wi-Fi 802.11 ac 2.4G + 5G、Bluetooth 5.0、GPS、USB Type-C
  • バッテリー:  3,130mAh
  • 寸法: 158 x 74 x 8.8 mm
  • 重さ:  143 g
  • 価格:  未定

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.