Xiaomi MIUI 11の配信スケジュールはコレだ!沢山の端末が最新OSに素早くアップデートされます。

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiは先日新たなフラッグシップモデル『Xiaomi Mi9 Pro 』とコンセプトモデル『Xiaomi Mi Alpha』をリリース。同時に最新OSのMIUI 11に関する詳細も発表されました。

MIUI 11はオペレーションシステム全体にタークモードの適用、アイコンデザインの刷新、システムフォントのカスタマイズ、Ambient Displayには新たなデザインが加えられ、カスタマイズも容易に。さらに通知機能も改善されています。

また、自然から音を取り込んだダイナミックなサウンドエフェクトによりオーディオエクスペリエンスも大幅に強化。これまでもXiaomiは音にテーマを設け独自性を築いてきましたが、MIUI 11でさらにそれが進化します。

日本では使えませんが、『Mi Go Travel』では飛行機や電車、バスのチケットをアプリから簡単に予約することが可能に。

Mi Workではファイル管理の改善、ワイヤレスによるスクリーンキャスト機能、様々なメーカーのワイヤレスプリントへに対応。さらに現在地を追跡したり、アプリの使用時間を制限する子供向けの機能も追加されました。

MIUI 11のパブリックベータ版は9月27日にリリースされその後10月中旬に正規版が配信されます。

MIUI 11に関する端末への配信スケジュールは以下の通り。

Phase 1 (10月中旬)

  • Mi 9
  • Mi 9 Explorer
  • Mi 9 SE
  • Mi Mix 3
  • Mi Mix 2S
  • Mi 8
  • Mi 8 Youth
  • Mi 8 Explorer Edition
  • Mi 8 In-display Fingerprint Edition
  • Mi 8 SE
  • Mi Max 3
  • Redmi K20 Pro
  • Redmi K20 Pro Premium Edition
  • Redmi K20
  • Redmi Note 7
  • Redmi Note 7 Pro
  • Redmi 7

Phase 2 (10月後半)

  • Mi 9 Pro 5G
  • Mi CC 9
  • Mi CC 9 Meitu Custom Edition
  • Mi CC 9e
  • Mi MIX 2
  • Mi Note3
  • Mi 6
  • Mi 6X
  • Redmi 7A
  • Redmi 6 Pro
  • Redmi Note 5
  • Redmi 6A
  • Redmi 6
  • Redmi S2

Phase 3 (11月上旬)

  • Mi Mix
  • Mi 5s
  • Mi 5s Plus
  • Mi 5X
  • Mi 5C
  • Mi Note2
  • Mi Play
  • Mi Max 2
  • Redmi Note 8
  • Redmi Note 8 Pro
  • Redmi 5 Plus
  • Redmi 5
  • Redmi 5A
  • Redmi 4X
  • Redmi Note 5A

このスケジュールを見る限りでは、あっという間に旧端末までアップデートがいきわたりそうですね。そしてサポートする端末の幅広さにも驚きます。多くの端末に素早くアップデートを提供することがメーカーの信頼にも繋がります。Xiaomiはその事を理解しているメーカーの一つ。上記の端末を持っている人は、MIUI 11のアップデートを楽しみに待ちましょう!

Xiaomiの最安値リアルタイム情報はコチラ

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値05/08】Xiaomi Mi 9T【26,730円】有機EL、ノッチ無、冷却機能、3眼カメラ、大容量電池

続きを見る

【超最安値 10/13】Xiaomi Mi BandやAmazfitスマートウォッチが激安!限定クーポン&セール情報!

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.