Huawei Mate 30シリーズはGoogle無しでも2000万台の出荷予想。衰えぬ巨人

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiが最近リリースしたスマートフォンの最新モデル『Mate 30』シリーズ。HuaweiのYu Chengdongは、アメリカの制裁が無ければHuawei端末の出荷台数は今年度3億円台を超えると述べました。

さらに、前モデルとなるMate 20シリーズが1,600万台、P30シリーズが1,700万台出荷されていることから、Mate 30シリーズの出荷台数が『2,000万台に到達することを確信している』とも述べました。P30シリーズに関しても制裁の影響が無ければ2,000万台を超えていた可能性があるとし、悪影響が出ていることも明らかにしました。

しかし現状でHuawei端末の出荷量は増え続けており、Samsungに次いで世界第2位。さらに一部のアナリストは、今の世界情勢も含め、Mate 30シリーズが中国市場で大成功する事を予想しています。iPhoneからの乗り換えユーザーも多数いることでしょう。

今年度、Huaweiのスマートフォンは出荷台数が26%増加。さらにノートブックでは249%増加という驚異的な強さを見せています。Googleのライセンス端末がプレミア感を出しているのと、中国国内での売り上げが伸びている事が要因か。

来年度はHarmony OSの真価が問われる年に。それともアメリカとの関係緩和によりGoogleライセンスを取り戻す事が出来るのか。

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.