ROG Phone 2がサヨナラ8%SALEで増税前に最後の爆安!最強のスマホを最安でゲットするラストチャンスだ!

更新日:

Pocket

消費税は30年前に3%からスタート!30年経ち10%へ!

消費税は1989年(平成元年)から導入された税金です。最初は3%からスタートしました。1997年(平成9年)に5%、2014年(平成26年)には8%へと引き上げられました。今回8%から10%への引き上げは、期間的に短すぎますよね。あれ、そういえば当初はいきなり10に上げるという話だったんでしたっけ?流石にそれは暴動が起きますよね。結局上がることになりますが・・・・

そして買うものによっては消費税率が異なるので、導入後は確実に混乱状態に陥るでしょう。海外の様に電子マネーがもっと流通していればポイントバックなども行いやすいですが、高齢者が増えている上に規制により電子通貨が浸透しづらい日本。アンバランス感が否めません。

スマートフォンは増税も含め全体的に値上がり傾向。肉や野菜みたいに高くなるぞ!

そうこう言っても上がるものは上がるのです。スマートフォンだって上がります。しかもスマートフォンの場合は原価もどんどん上がっています。先日リリースされたXiaomiのMi 9 Pro、Mi Mix Alpha、そしてOnePlusのOnePlus 7Tの価格を見てもそうですが、既存端末と比較しても割高感のある価格設定となりました。貿易問題や原料費の高騰など、様々な問題が原因になっているのでしょう。

日本ではテレビの売り上げが急上昇しているそうです。高額ですし、毎日見るからでしょう。高額で毎日使うと言えばスマートフォンです。テレビよりも明らかに利用機会は多いでしょう。つまり『今買うべきモノ』の一つだということです。

サヨナラ8%SALEがOnePlus 7 Pro、OnePlus 7を安く買える最後のチャンス!

30日までは最後の爆安セール『サヨナラ8%SALE』が開催されています。この後価格設定どうするの?と心配になるくらいプライスダウンしてます。10月1日から価格はV字上がりでしょう。怖すぎる・・・せっかくなので10月になる前にSIMフリー端末を格安購入し、スマートフォンのランニングコストを下げ、今後の増税に備えましょう。キャリアから格安SIMに移行すれば増税分なんて簡単にペイできます。

しかも安くなっているスマートフォンは現存するAndroid端末の中で『最強』のASUS『ROG Phone 2』です。『最高のSoc』『最高のディスプレイ』『最高のバッテリー』『最高の操作性』。ゲームフォンの域を逸脱し、Antutuベンチマークでも頂点に君臨する最強端末。現在世界中で人気が爆発しており品薄になっています。今注文することが、早く、そして圧倒的に最も安くROG Phone 2を手に入れることが出来る最後のチャンスなのです。

『サヨナラ8%SALE』は9月30日まで!増税前最後のSALE!最後です!

※サヨナラ8%SALE用のクーポンコードとセール会場へのリンクはこの記事内に記載しています。クーポンは全て枚数が限られているので、人気商品は早い段階で配布が終了します。ご了承ください。

グローバル(インターナショナル)モデルとは

世界の言語に対応したモデルの総称です。もちろん日本語にも対応しています。Googleプレイストアも日本のものが普通に使えます。日本はUIデザインが各社で独自にカスタマイズされていますが、グローバルモデルはとてもシンプルでスタイリッシュなデザインです。雑貨でいうところの『無印良品』的な感じ。コテコテしたデザインが苦手な人にはかなりオススメです。

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

ASUS ROGU Phone 2はとにかく日本の電波に強いです。フルバンド対応で国内販売端末に近い状態で使えます。

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇

オススメの格安SIM

ROG Phone 2はここがオススメ

  • 名実ともに最強なSnapdragon 855 Plus搭載端末
  • 6.59インチの巨大な有機ELディスプレイ
  • 120Hzのリフレッシュレートに対応するヌルヌルな表示と操作感
  • 6,000mAhの超超大容量電池搭載で電池切れ知らず
  • 最大30Wの超急速充電
  • 拡張アクセサリーの数が凄い
  • 世界最速ストレージ UFS3.0
  • 自由自在にカスタム可能なコントローラー
  • 進化した第二世代の本格的な冷却システム
  • 4つのスピーカーが奏でる立体的な音響システム
  • SONY IMX 586カメラセンサーを採用した高画質なカメラ
  • docomo、Softbank、au全ての格安SIMに対応

『ROG Phone 2』は世界最高のスタミナフォンと超有名なガジェットYoutuberが認めた!

『ROG Phone 2は世界一のスタミナフォン。』世界を代表するガジェ系YouTuberが認めた驚異の電池持ち

続きを見る

『ROG Phone 2』と『ROG Phone』には10の違いあり。これは完全に別次元だ!

『ROG Phone 2』と『ROG Phone』には10の違いあり。これは完全に別次元だ!

続きを見る

ROG Phone 2はがグローバル市場Antutuスコアランキング第1位に

ROG Phone 2がグローバル市場Antutuスコアランク1位に!2位はZenFone 6でASUSが独占状態!

続きを見る

記事に書かれている内容

Banggood ASUS ROG Phone 2 価格一覧【限定クーポン配布】

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合

ASUS ROG Phone 2をBanggoodで購入する

Banggood  日本限定クーポン

ASUS ROG Phone 2 8GB/128GB (ブラック) 58,801円 【日本限定クーポン 20枚限定】 ※クーポン限界枚数到達

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇

ASUS ROG Phone 2  8GB/128GB(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

Banggood  一般クーポン

ASUS ROG Phone 2 8GB/128GB (ブラック) 59,539円 【20枚限定】

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇

ASUS ROG Phone 2  8GB/128GB(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

Gearbest ASUS ROG Phone 2 価格一覧

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

※送料が高目に表示される場合は、配達先が『僻地』に設定され、転送料が含まれてしまっているからです。受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

ASUS ROG Phone 2をGearbestで購入する

ASUS ROG Phone 2 8GB/128GB(ブラック) 63,309 円 【25枚限定】

【格安SIM対応状況】

docomo回線:〇 Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:〇

ASUS ROG Phone 2  8GB/128GB(ブラック)のクーポンコードをコピーする

 

ASUS ROG Phone 2が世界最高スペックな3つの理由

【世界最高スペックその1】Qualcomm Snapdragon 855 Plus搭載

スマートフォン用のSocで、現在世界最高の開発力を持つのがQualcommです。そのQualcommがリリースしている中で最高性能を持つのが『Snapdragon 855』、でした。しかしQualcommは、そのSnapdragon 855のGPU性能を15%引き上げたプレミアムSocを投入してきたのです。その名も『Snapdragon 855 Plus』。紛れもない最強です。

そのSocをいち早くのせてきたのがASUSのROG Phone 2です。最近世界一の『自撮りスマホ』となるZenFone 6をリリースし話題となっているASUS。ついに世界一の『ゲームフォン』まで作り上げてしまいました。

【世界最高スペックその2】ストレージ最新規格UFS3.0

UFS3.0はスマートフォン用ストレージの最新規格。小消費電力と読み書きスピードに優れる、全てのいいとこどりをしたストレージです。OnePlus 7シリーズやGalaxy Foldといった世界最先端端末がイチハヤク採用して話題に。実際にOnePlus 7を利用してスピード計測を行ったところ、前規格となるUFS 2.1と比較して2倍近い速さを記録しました。

OnePlus 7のストレージが本当に爆速かテストしてみた!UFS 3.0の実力が明らかに!

続きを見る

ストレージの性能は、日常的な操作もそうですが、ゲームをプレイしている時もデータの読み書きで影響を受けます。世界最速ストレージを体感できる端末は僅か。その希少な1台にROG Phone 2が加わりました。

【世界最高スペックその3】有機超高速(120Hz)ディスプレイ

ROG Phone 2に採用されているディスプレイの表示速度は120Hz。同じ表示速度を持つのがAQUOS R3です。しかしROG Phone 2とAQUOS R3が根本的に違うのは、ROG Phone 2が有機ELでAQUOS R3は液晶だということです。

有機ELと比較して液晶は高速ディスプレイ開発の難易度が低く消費電力も高いです。世界最高のスマホと言われているOnePlus 7 Proでさえ有機ELの90Hzディスプレイ。それを30Hzも超えたROG Phone 2のディスプレイはまさに世界最高性能。

ROG Phone 2はスタミナフォンを超えた6,000mAhの超大容量電池を搭載。

6,000mAhの電池を搭載したフラッグシップモデル。聞いたことがありません。完全にこの電池容量はタブレットクラス。どれだけ長時間ゲームさせる気なんだ!?1日中高負荷なオンラインゲームをしまくっても無くならないスタミナ。ゲーム三昧になってしまいそうです!

ROG Phone 2は自分流にカスタマイズ可能。音響システムも最強

ボタン操作は自由自在にカスタマイズ可能。スピーカーも4か所に搭載されているので、ステレオどころではありません。立体感のあるド迫力な音響を存分にお楽しみください!

ROG Phone 2に用意されたアクセサリーの数はゲームフォンナンバー1

ROG Phone 2に対応した超魅力的な拡張アクセサリーが山ほど出ています。冷却機能を搭載した本格的なコントローラー。パソコンみたいに拡張できるポートが沢山ついたスタンド。ROG Phone 2の性能がパソコン並みじゃなかったらここまでの拡張はできません。

そしてここまでアクセサリーが充実しているゲームフォンはROG Phone 2以外他にありません!さすがゲーミングPCを元から作っていたASUSですね。何が欲しいか手にとるように分かるのでしょう。

ROG Phone 2とROG Phoneの違い

ディスプレイガラスがGorilla Grass 5からGorilla Grass 6に進化

Gorilla Grass 5からGorilla Grass 6へのバージョンアップには、2年という長い期間がかけられています。傷を広げない為の強化について2年間研究開発を行い、Gorilla Grass 6は5と比較して約2倍の強度を手に入れました。

これは1mの高さから15回落としても破損しないという強靭さ。手の高さから落とすことを想定すると、余程当たりどころが悪くない限り、最悪の事態は免れるということですね。保護ガラスも精度が増してきているので、組み合わせることで無敵となるでしょう!

ディスプレイサイズが6インチから6.59インチに拡大

0.5インチのサイズ差はかなりのもの。最近では大型ディスプレイ化が主流になっているので、6インチだと少し小さめに感じる人が多いはずです。せっかく最高のディスプレイ性能を持っていても6インチだと迫力が物足りない。それが6.59インチに拡大されたことで、世界最高性能のスマホディスプレイと大迫力のゲームを思う存分堪能できます。

縦に表示できる情報量が増加

ROG Phoneのディスプレイ比率は18:9で解像度は1080×2160Pixelでした。対するROG Phone 2はディスプレイ比率が19.5:9で解像度が1080×2340Pixel。縦に1.5広がり、180Pixel分の情報が増えています。ゲームをする時は無駄な黒枠が減り、画面いっぱいで楽しめるようになるイメージです。後はニュースサイトやSNSを見る時にも情報量の増加は嬉しいですね!

「ROG Phone 2 display」の画像検索結果

ディスプレイ表示速度が90Hzから120Hzにアップ

ROG Phoneは元々有機ELの高速ディスプレイを搭載していました。リフレッシュレートは90Hz。有機ELの高速ディスプレイ化は高い技術を要するので、それだけですごい事です。ディスプレイはサイズが大きくなったのでそれでアップデート的には十分なはず。

それを超えて120Hz表示に対応してきたのは驚愕です。1秒の描写を90コマで表現していたのを、120コマに。滑らかってもんじゃないでしょう!スクロールした時に指に吸い付く漢字を味わえますよ!また、リフレッシュレートは高まれば高まるほど目が疲れづらくなります。技術の進化は様々なメリットがありますね!

SocがSnapdragon 855からSnapdragon 855 Plusにバージョンアップ

ROG PhoneはSnapdragon 845を搭載しているので、通常であればアップデートはSnapdragon 855が妥当です。しかしROG Phone 2に搭載されているのはSnapdragon 855のアップデートモデル『Snapdragon 855 Plus』です!

まず、Snapdragon 845からSnapdragon 855になることでCPU性能は45%、GPUは20%向上。さらにAI性能は3倍も向上しています。これだけでも十分すぎる進化ですが、ROG Phone 2はSnapdragon 855 Plus。さらにここからパワーアップ。

CPUのクロック周波数がSnapdragon 855の2.84GHzから2.96GHzに高速化。Snapdragon 855は元々爆速なので、そこからさらにアップさせることが出来るのかという驚きがあります。3GHzに迫る勢い。パソコンに近いです。そしてGPUは15%性能がアップ。Snapdragon 845から855にアップデートした時は20%程度の向上なので、このさらに15%のアップというのは何気に凄いこと。

そしてGPU性能はゲーム時にモロに影響を及ぼします。ROG Phone 2が現存するスマートフォンの中で、最高の環境でゲームを楽しめるスマートフォンであることは間違いありません!

カメラが1200万画素から4800万画素に

ROG Phone 2のカメラセンサーはSONY IMX 586です。このカメラセンサーを搭載しているスマートフォンは、画像に関して手を抜いていないという印象です。ROG Phoneが1200万画素だったのが、カメラセンサーを一新したことで4800万画素まで解像度が向上。IMX 586は高解像度化だけでなく、4つのピクセルを1つに統合する技術を持ち、それにより光の取得量は4倍に。センサーサイズも1 / 2.55から1/2になったので光の少ない場所での描写力が圧倒的に向上。さらにデティールや背景ボケに関しても精度が上がります。

セカンドレンズは35mm換算で水平距離12mm、解像度は800万画素だったのが、11mmで解像度は1300万画素に向上。より広く、さらに500万画素も高解像度で撮影出来るようになりました。

指紋認証が背面からディスプレイ内に移動したことでデザインが向上

ROG Phoneでは指紋認証が背面に備えられていました。それがROG Phoneではディスプレイの中に移動。最近のフラッグシップモデルの流れです。しかし全体的に思うことですが、ゲームフォンと言えばどちらかと言えば完全にスペック重視。スペックの事しか考えていないイメージです。それがROG Phone 2は違います。指紋認証がディスプレイ内に移動したことで、背面のデザインも大幅に刷新。シームレスになりめちゃくちゃ格好良くなりました!

電池容量が4,000mAhから6,000mAhに増量

スマートフォンで電池容量が6,000mAh。中々聞いたことがありません。4,000mAhでも一般的には大容量の部類に入ります。同じASUSのZenFone 6も5,000mAhの大容量電池を搭載。ASUSはこの時、スリムな筐体に大容量電池を搭載させる為、特殊な設計を独自開発しました。

ROG Phoneにもその設計技術が使われている可能性が高いです。しかし2,000mAhも上げてくるとは。120Hzの超ハイスピード表示も余裕。電池切れ知らずの超スタミナフォンとしても使えますね!

ストレージがUFS2.1からUFS3.0にアップデート

スマートフォンのストレージには元々eMMCが使われていました。そこから小消費電力性能をを高めたのが最新規格のUFSです。そしてUFSの中でもっとも新しいのがUFS 3.0。UFS 2.1と比較してその速度は2倍。圧倒的に速いです。フラッグシップの代表格であるOnePlus 7シリーズは、30万スマホのGalaxy FoldなどもこのUFS 3.0を採用しています。ROG Phone 2はゲームフォン。ストレージの速度はゲームにも影響を与えます。イチハヤク世界最速の最新規格を採用してきたのは流石!まだコストはかなり高めな筈なんですがね。

圧倒的に違う販売価格

国内では未だにROG Phoneが現役バリバリで販売されています。販売価格は最近値下げされ、『85,860円(税込)』に。しかしあまりに大きなスペック差。いくら日本国内価格とは言え、8万越えは少々高い気も。

グローバルモデルのROG Phone 2は現状で8万を下回っています。使っているハードウェアが全て世界最高スペックのものなので、これは間違いなく『買い』ということになります。それくらい圧倒的なスペック、そして初代ROG Phoneとのスペック差です。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.