Xiaomiが水タンク搭載でモップ掛けもしてくれるロボット掃除機を19,800円でリリース!日本でも出して~

Pocket

Xiaomiがサブブランド『MIJIA』を立ち上げてから9年が経過しました。リリースする製品のブランディングがそれぞれしっかりしているので、新しい商品を出す度大きな話題となり、ヒット商品に。

ロボット掃除機もその一つです。今年の8月(オリジナルバージョンのリリースは数年ぶり)に、27,500円程度でリリースされたレーザー検出システムを搭載した改良モデルは、沢山のライバルメーカーが存在するにも関わらず順調に売り上げを伸ばしています。

そして今回リリースされたニューモデル『MIJIA ロボット掃除機 1C』は価格が19,800円程度と驚きの激安価格で予約受付中。価格が大幅に下がったという事はポンコツなのか?いや、Xiaomiなのでそんな事は絶対に無いはず。

まず第一の特徴としては、電子制御に対応した200mlの水タンクを持ちます。専用モードでは水量が適量に自動調整され、ブラシをかけることで床を綺麗な状態に保ちます。モップがけしてくれる感じですね。水を使うことで木の床を傷つけない事も目的としています。

ロボット掃除機 1Cは、『日本電産』の強力な『ブラシレスモータ』を採用し、吸引力を高める『真空度』は上位モデルの2100Paから400アップして2500paに。価格が大幅に下がって真空度上げてくるとは流石です。

また、ナビゲーションシステムが刷新され、『高速ビジュアルナビゲーションシステム』を採用。アメリカの半導体メーカー『Omnivision』のカメラセンサーで取り込んだデータは、ARM CortexTM-A7 クアッドコア 1.8GHz(CPU)とMali 400(GPU)が高速処理。『VSLAM』アルゴリズムを使って、リアルタイムに3次元情報の取得と作業経路の描き出しを行います。

デュアルジャイロスコープと複数のオプティカルフローセンサーが連携し、30,000 / 秒の早さで部屋の特徴点の把握を実現。座標情報を素早く収集し、正確な走行ルートを検出。内部に搭載された15種類のセンサーは落下、障害物への衝突を回避します。

そして勿論スマートロボット掃除機なので、スマートフォンを使った制御も可能。掃除状況を確認する事もできます。いつも居ない時に勝手に掃除しているより、実際に確認出来た方が掃除機への感謝も増すというもの。

日本市場において19,800円で販売したら、一瞬で『Xiaomi』という名前が一般家庭層に広まるんですけどね。ロボット掃除機で日本に参入した狙いは恐らくそこでしょう。アプリのUIが日本語化終わってるのなら、ロボット掃除機を投入する敷居はかなり下がっている筈。一般家庭に『Xiaomi』の名前が認知されたら、その先に待っているのは・・・

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 12/13】Xiaomi Mi A3『17475円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Redmi Note 8『15152円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Redmi Note 8 Pro 『21,898円』AI4眼カメラ、4500mAh

続きを見る

【超最安値 12/13】Xiaomi Mi 9T Pro【37382円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【超最安値 12/13】OnePlus 7【43864円】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 12/13】OnePlus 7 Pro【64035円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 12/13】ROG Phone 2が58175円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【超最安値 12/13】ASUS ZenFone 6【60387円】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.