Xiaomi Mi CC9 Pro(Mi Note 10)のカメラ情報がリークされてたのでまとめてみた。お高くなりそ・・

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiの情報をいち早く公開するので有名な『Xiaomishka』が『Mi CC9 Pro(Mi Note 10)』の関連情報をリークしまくっているのでまとめていきたいと思います!

Mi CC9 Proの実機を使ったズームカメラテストです!『2倍光学ズーム』『5倍光学ズーム』『10倍ハイブリッドズーム』『50倍デジタルズーム』で撮影。10倍までは勿論実用レベル。50倍では流石に画質が落ちていますが、情報を確認するには十分です。これはHuawei P30 Proと同レベルか、もしくはそれ以上か!

こちらのGIFスライドでは10倍ズームの威力を確認できます。圧縮をかけずにどの程度の画質になるのか実際に試してみたいですね!

続いてはカメラを組み立てているところを撮影した画像です。それぞれ全く異なるレンズが使われていることが分かりますね。Xiaomishkaの説明によると、コストはMi CC9に搭載されているカメラセンサーの『5倍』。Mi CC9にはSONYの『IMX 586』というフラッグシップモデル向けのカメラセンサーが搭載されていますが、それより5倍も高いって・・・価格大丈夫か。Mi Mix Alphaの『30万』が頭を過ります。

このサイズを見てしまうとコストが高くなっているというのもおおいに納得。そしてこのセンサーサイズでどんな写真が撮れるのか、試してみたくてたまらない・・・

『5G』と『高速表示ディスプレイ』には対応しないようです。

ディスプレイのサイドは滑らかに湾曲。見た目が美しくなるだけでなく、持ち易さと没入感が向上します。

色はRedmi Note 8 Proの『Forest Green』に近いイメージになりそうですね。

Xiaomi Mi Mix Alphaをのぞき、やはりこれまでとは別次元のカメラスマホになりそうな『Mi CC9 Pro(Mi Note 10)』。コストがかなり高くなっている可能性があるので販売価格が気になりますが・・・高倍率ズーム搭載モデルで5万を切ってる端末は無いですからね。さらに1億800万画素ですから、いくらSocがミッドレンジでもねぇ・・・Xiaomiマジックは果たして炸裂するのでしょうか!

スマートフォン最新人気モデル最安値リアルタイム情報はコチラ

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【62,851円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9『在庫切れ』スナドラ855、マクロ対応トリプルカメラ、有機EL大画面

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.