Xiaomi Mi Note 10の『光学5倍ズーム』が超すげぇ!やっぱりこれはカメラだぜ!!実写レビュー

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomi Mi Note 10には『光学ズーム』が搭載されています。普通のスマートフォンであれば『光学2倍』が普通です。しかしMi Note 10は違います。『光学5倍』です。これは現存するスマートフォンに搭載されている光学ズーム倍率の中でも最高クラス。しかもこのズーム専用カメラにはOIS(光学手ブレ補正機能)までついてるんです!

本日やっとの思いでXiaomi Note 10を受けとり、撮影してきました。まずはズームカメラのレビューからご覧ください!

Xiaomi Mi Note 10 光学5倍ズームの実力よ如何に

0.6倍広角

等倍

光学2倍ズーム

光学5倍ズーム

正直驚きました。スマートフォンのカメラでここまで綺麗にズームアップ出来るとは。流石光学5倍です。ビルの窓の形状までしっかりと分かりますね。一番遠目で写っているのが0.6倍なので、比較すると凄まじいですね。ちなみにワンタッチで『マクロ』『0.6倍』『1倍』『2倍』『5倍』と切り替わります。

細かい倍率を選んだり、5倍以上で撮りたい場合は、画像を拡大表示する時と同じ操作をすればどんどん倍率はアップします。『10倍』まではアルゴリズムと光学を併用したハイブリッドズーム、そこから先はデジタルズームですね。

それでは続けて比較写真をもう一つ。

0.6倍広角

等倍

光学2倍ズーム

光学5倍ズーム

いやあスゴイ。水面のさざ波までクッキリと描写しています。後はやはりOIS(光学手ブレ補正機能)が効いてる気がするんですよね。かなり風が強かったんですけど手ブレしてる感がありません。ズームは倍率が上がれば上がる程手ブレが目立つようになるので要注意なのですが、これなら大丈夫か・・・

そして、最もズームカメラが苦手な夜間のズームも試してみました。こちらは5倍のみです。つまり、カメラからすると最も難易度の高い部類に入ります。

粗いですけど、なんかそれなりに撮れてる・・・右上にちょっと星も写ってるし・・・もうこれ、完全に夜なんですけどね。本来思い切り手ブレして輪郭すらとらえられない筈なのだが・・

私はMi Note 10をスマホではなくカメラだと思って買ったのですが、やはりこれはカメラですねえ。次の記事ではもう一つのメインカメラ機能、『1億800万画素カメラ』に迫りたいと思います!

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.