Xiaomi Mi Note 10のマクロカメラで逆光を撮るとこうなる

Pocket

カメラレンズのF値。値が小さくなるほどボケやすくなり、光の取得量が多くなります。スマートフォンのフラッグシップモデルに搭載されているメインカメラのレンズはF値の小さい明るめのものが多く、ほぼ全て1台です。

明るいレンズはメリットの方が多いのですが、撮るシーンによっては光が入りすぎて白飛びしてしまうことも。逆光で撮りたい時等がまさにそうです。一眼レフでは減光フィルターといって、あえて光の取得量を減らすフィルターを取り付けて撮影します。スマートフォン用にもフィルターは用意されていますが、専用のぴったりはまるものというのは中々存在しません。

そこで代用できるのが『撮影するレンズを替えること』です。メインレンズは明るめですが、複数のカメラが搭載されている場合、暗めのレンズを使っているカメラが含まれている可能性は高いです。Xiaomi Mi Note 10は5つのカメラを搭載していて、その中で最も暗いレンズを使っているのが『マクロカメラ』です。メインカメラのF値が『1.7』なのに対し、マクロカメラは『2.4』。なんとなくいけそうな気がします。実際に、Mi Note 10のマクロカメラを使って、逆光の撮影に挑戦してみました!

いかがでしょうか!逆光の光をうまく抑えつつ、通常のマクロ撮影とは違った雰囲気で撮る事ができました。超広角カメラもF2.2とやや暗めなレンズを採用しているので、光の強い場所では面白い写真が撮れるかもしれません。Mi Note 10には5つもカメラがついているので、1つのカメラで撮ってイマイチだと思ったら、他のカメラに切り替えて試してみましょう!

Xiaomi Mi Note 10 のリアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 12/7】Xiaomi Mi Note 10『48558円』1億画素、光学5倍、5260mAh、30W充電

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.