Xiaomi POCOPHONE F2が2020年に登場!?POCOPHONEのリーダーが気になる投稿をするも今は削除

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiがサブブランド『POCOPHONE』を立ち上げ、第一号としてインド市場に投入した、Snapdragon 845搭載の格安フラッグシップモデル『POCOPHONE F1』。フラッグシップモデルでありながら、価格がそこまで高く無いので、取り扱いに気を使わなくてすむというのもこのスマートフォンの大きな特徴でした。外観からは少し安っぽさも感じましたが、ケースを着けてしまえば皆同じ。処理能力の高さと価格の安さが反比例するハイコスパモデルの代表格と言えます。

そのPOCOPHONE F1がリリースされてからすでに1年半近くが経過しようとしています。Xiaomiのアップデートスケジュールからすると、次期モデルがすでに投入されていてもおかしくありません。されないという事は、シリーズとして消え去る方向にあるという事なのですが・・・ここにきて新たな情報が飛び込んできました。

POCOPHONEを率いるAlvin Tseが、自身のTwitterにおいて2020年に『POCOPHONEの最新モデルが登場する』と受け取れる内容の投稿を行ったのです。

この投稿は現時点で削除。しかしスクリーンショットはバッチリ撮られており、情報は拡散されています。POCOPHONE F2の登場を半ばあきらめていたF1ユーザーからすると、これは期待の持てる内容と言えるでしょう。

しかし格安フラッグシップモデル路線は、同じXiaomiのサブブランドである『Redmi』と被ることから、今後はRedmiとPOCOPHONEが統合するのではないかというのが市場の大方の予想。Redmiはインドでも絶大な人気を持つので、量産リスクが減るという観点からも、それは理にかなっていると言えます。しかしPOCOPHON F2の登場を待つF1ユーザーまだ大勢いるというのも事実。2020年に、また市場を驚かせる様な新モデルF2をリリースする事が出来るのか、注目です!

格安SIMフリースマートフォン リアルタイム最安値情報はコチラ

【超最安値 07/31】Xiaomi Mi Note 10/Pro『42,027円』1億画素、光学5倍、5260mAh

続きを見る

【超最安値 07/01】OnePlus 7T『51,569円』90Hz表示、3眼カメラ、UFS3.0、有機EL6.55

続きを見る

【超最安値 08/07】OnePlus 7T Pro スナドラ855+、UFS3.0、有機EL90Hz【63,897円】

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Mi A3『20407円』AI三眼カメラ、電池4030mAh、有機EL、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8『15795円』AI4眼カメラ、4000mAh、18W充電

続きを見る

【超最安値 05/08】Xiaomi Redmi Note 8 Pro【21638円】6400万画素、Antutu29万

続きを見る

【終了】Xiaomi Mi 9T Pro【48340円】スナドラ855、ノッチ無、トリプルカメラ、大容量

続きを見る

【終了】OnePlus 7【在庫切れ】UFS3.0、有機EL6.4、Antutu37万、IMX586

続きを見る

【超最安値 04/20】OnePlus 7 Pro【66,383円】UFS3.0、有L90Hz、ノッチ無6.67インチ

続きを見る

【超最安値 05/08】ROG Phone 2が97370円!スナドラ855+、120Hz、UFS3.0、6000mAh

続きを見る

【終了】ASUS ZenFone 6【在庫切】自撮り世界一、ノッチ無、5000mAh、SND855

続きを見る

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.