XiaomiとOsmoのジンバルカメラが爆安セール対決!2万だと!?超台数限定の早い者勝ちセールスタート!

Pocket

FIMI PALMのクーポン配信が停止されました。メーカーからの指示のようです。まぁBanggoodの不手際ですね。

現在発売されているジンバル搭載型アクションカメラ。1つは代表モデルとも言えるDJIの『Osmo Pocket』。スマートフォンより小さな筐体で、どこにでも持ち歩ける超小型ジンバル型カメラを世の中に浸透させた立役者とも言えます。その性能の高さから、日本では4万円を超える価格で発売されていたOsmo Pocket。今回ついに『26,470円』まで値下がりしてます。勿論ここまでの値下がりははじめてです。

なぜここまで値下がりしているのかというと、これまでジンバルカメラはOsmo Pocketの独壇場だったのですが、ついにライバルが現れたのです。その名は『FIMI PALM』。正直聞いた事が無かったので、どこかの三流メーカーが適当に見た目だけ似せて作ったのだろうと勝手に思っていました。しかしそれは全然違いました。『FIMI PALM』にはあの大手メーカーが関係していました。『Xiaomi』です。それであれば話は別です。

そして『FIMI PALM』のスペックを見ていくと凄い。Osmo Pocketでは実現できなかった128度の超広角撮影。3軸手ブレ補正を搭載しているので安定性も抜群です。また、1000mAhの大容量電池を採用し、連続駆動時間はなんと240分。これはOsmo Pocketより100分も長いです。凄すぎ。発売記念セールでは新規会員であれば『18,890円』、既存会員も『20,196円』と、Osmo Pocketよりさらに安いです。入荷は2/28と少し先ですが、待つ価値は十分にあるかと。

そしてアクションカメラの大本命『Osmo Action』も同時にセール参入。ジンバルカメラが主役となった本セールですが、値下がり額はOsmo Actionの方が大きいような?だって『24,480円』ですよ。別のカメラかと思いました。

これ、3台まとめて買いたくなるぅ!この価格だと、当然クーポンすぐに無くなります。

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4Kはここがオススメ

  1. 重さ僅か120gの超軽量ボディ
  2. 128度の超広角撮影に対応
  3. HiSiliconの最新世代ISPチップ採用でアルゴリズムを強化
  4. 1000mAhの大容量バッテリーによる長い連続駆動時間(最大連続駆動時間240分)
  5. 4K(100Mbps)の超高解像度撮影
  6. ジョイスティックによるフレキシブルで直感的な操作
  7. 3軸手ブレ補正機能によるブレの無い安定した動画撮影(3倍ズーム対応)
  8. 顔認識による自動追跡機能
  9. 1.22インチのディスプレイはタッチ操作に対応
  10. 3.5mmマイク入力端子搭載
  11. Bluetooth/Wi-Fi接続に対応し、スマートフォンによるリモートコントロールが可能
  12. 『パノラマ』『タイムラプス』『モーションラプス』『ハイパーラプス』『8倍スローモーション』『ナイトショット』といった様々な撮影モードを用意
  13. 専用アプリにより誰でも簡単に本格的な映像編集

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4KをBanggoodで購入する

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4K(ブラック)18,990円【新規会員限定:50台限定】※2/28入荷予定

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4Kのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4K(ブラック)23,695円【100台限定】

Xiaomi FIMI PALM Pocket Gimbal Camera 4Kのクーポンコードをコピーする

 

DJI Osmo Pocketはここがオススメ

  1. カメラにジンバル機能がついて116gという圧倒的な軽さ&超コンパクトなサイズは持ち運びや長時間撮影に最適
  2. ミクロレベルで作られた最高技術による最高の手ブレ補正技術
  3. 撮影時の騒音にならないよう考慮して作られたファンレス冷却システム
  4. コンパクトで持ちやすいデザインは片手操作に最適
  5. スマートフォンを含め、様々なアクセサリーに対応する拡張可能なユニバーサルポートを採用
  6. 自分の目線に合わせて撮れる迫力満点のFPVモード
  7. 被写体をタップするだけでフォーカスが自動追尾するアクティブトラックモード
  8. 壮大な絶景を1枚の写真に収める3×3パノラマモード
  9. 時間を凝縮して感動を倍増させるモーションラプス
  10. 手持ちで長時間露光を可能にするナイトショット
  11. 純正のカスタムフィルターが用意されている(サードパーティからも多数)ので信頼感は抜群
  12. 最高レベルの連続撮影時間(140分)を実現
  13. 水深11mにも耐える本格的な防水性能

Osmo Pocket(ブラック)をBanggoodで購入する

Osmo Pocket(ブラック)28,408円【20台限定】

Osmo Pocketのクーポンコードをコピーする

 

DJI Osmo Actionはココがおすすめ

  • Osmo Actionは両面カラーディスプレイ採用!アクションカメラ本体のみで自撮り時の確認も出来るように
  • 16:9比率のディスプレイで撮影中の画像がフル表示可能に
  • GoPro Hero7 Blackには無いHDRの動画撮影機能
  • 自社の技術を詰め込んだ最高技術の手振れ補正『Rock Steady』が搭載されている
  • アクションカメラの弱点を克服する自動歪み補正機能を搭載
  • 4K/60fpsの高解像度や240fpsによるスローモーション撮影が可能
  • 純正のカスタムフィルターが用意されている(サードパーティからも多数)ので信頼感は抜群
  • 最高レベルの連続撮影時間(135分)を実現
  • 水深11mにも耐える本格的な防水性能

Osmo Action(ブラック)をBanggoodで購入する

Osmo Action(ブラック)29,216円【20台限定】

Osmo Actionのクーポンコードをコピーする

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

follow us in feedly

ハイガジェ注目トピックス

Exynos 2100のGeekbenchスコアはSnapdragon888と同等もしくはやや下回る結果。不安定さも露呈

精度の高い情報を提供し続けているIce universeは、自身のTwitterにGeekbench 5で計測したExynos 2100のスコアを投稿。計測に利用した端末は、型番がSM-G998Nにな ...

OnePlus BandをXiaomi Mi Band 5、Amazfit Band 5、Honor Band 6と比較

OnePlusがはじめてリリースしたスマートバンド『OnePlus Band』。専用アプリ『OnePlus Health』が用意され、価格は2,499ルピー(3,550円程度)。 しかしすでに市場には ...

グーグルがフィットビットを買収。Pixelが売れてないのにウェアラブルは売れるのか?ユーザー離れの危険性も

Googleは2017年に台湾のHTCが持つスマートフォン開発部門の一部を11億ドルで買収。それまで同社が弱いとされていたハードウェア開発の強化を行いました。しかし世界におけるスマートフォンの市場シェ ...

シャオミがアメリカのブラックリストに追加!?状況が悪化すればグーグルとQualcommにも大ダメージ!

アメリカ政府がスマートフォンメーカーへの制裁を拡大。ついにブラックリストに『Xoami』の名前が追加されました。ロイターによれば、アメリカの投資家は2021年11月11日までに『Xoami』の株価を売 ...

Samsung Galaxy S21 5G、Galaxy S21+ 5G、Galaxy S21 Ultra 5Gを比較!

Samsungが最新フラッグシップモデルとなる『Galaxy S21 5G』『Galaxy S21+ 5G』『Galaxy S21 Ultra 5G』の3モデルをリリースしました。価格が799ドル~と ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2021 All Rights Reserved.