HuaweiがMWC用のティザーを公開!しかし開催されるかはいまだに未定!一体どうなるモバイル業界!

Pocket
Facebook にシェア

LG、SONY、TCL、Vivo、LG、AT&Tといった複数の企業が、すでに参加中止を表明している「MWC(モバイルワールドコングレス) Barcelona 2020」。Huaweiはまだその意向を明らかにしていない。そして公式のWeiboには、MWC内で発表すると思われる、新型折り畳みスマートフォン(Mate Xs?)らしきティーザーが投稿された。

画像の中には、Huaweiが戦略として掲げている『1+8+N』の文字が。『1』は全てのデバイスを制御する為のスマートフォン、『8』は『ラップトプ』『タブレット』『テレビ』『ヘッドフォン』『スマートテレビ』『スマートウォッチ』『VR』『自動車』『AIスピーカー』といったカテゴリー、そしてNは、ネットワークとIoTデバイスによって構築される無数の可能性を示す。

HuaweiはMWCで新型折り畳みスマートフォンに加え、1+8+Nに関連した製品を複数発表する可能性が高いとみられていた。

しかしHuaweiの参加、不参加に関わらず、NWC自体が開催されない可能性が高い。2月14日中には最終決定が下されるようだ。仮に開催されたとしても、不参加のメーカーが多いので盛り上がるはずもなく・・・。2020年のモバイル業界を盛り上げる為のイベントだっただけに、何とも残念な状況だ。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.