Huaweiが2/24にオンライン上でイベントを開催!HMS搭載のHonor V30シリーズをヨーロッパ市場に投入!

Pocket
Facebook にシェア

Huaweiは2月24日(日本時間2/25 午前2:30)、オンライン上でイベントを開催し、HMS(Huawei Mobile Service)を搭載するスマートフォン『Honor V30』シリーズをヨーロッパ市場に投入予定。

Huaweiは最新端末へのGoogleライセンス停止により、GMS(Google Mobile Services)が使えなくなりました。その代替えとして自社で開発を進めているのがHMS(Huawei Mobile Service)。Huaweiは今後GMSとは別に、独自のエコシステムを構築する必要があります。すでにSMSやメールなど、基本的なサービスの提供が開始されており、ナビゲーションアプリに関してもオランダの『TOMTOM』との提携を発表し、開発を進行中。

Honor V30シリーズは最新フラッグシップ向けSocとなるKirin 990を搭載。5Gのデュアルネットワークモード(NSA / SA)に対応し、n1 / n3 / n41 / n77 / n78 / n79といった6つのBANDをサポート。

また、ハイエンドモデルとなる『Honor V30 Pro』は独自の『Matrix Camera Technology』を採用。『DxOMark』では『122』という世界トップクラスのスコアを取得しています。

RYYBフィルターを備え、HuaweiとSONYが共同開発したカメラセンサー『Sony IMX600 40MP』、画像処理能力を増した『Kirin 990』のNPU、そこに強化されたアルゴリズムを組み合わせる事で、これまで以上に低光量による画質を安定、向上させているのが特長です。

Googleの標準アプリが使えなくなったことにより、日本でも敬遠する声が多いHuaweiの最新モデル。カメラ機能が突出しているだけに何とも残念な状況と言えます。表示言語の対応が不完全であったり、ナビアプリが無かったりと、まだGMSにはサービス内容が程遠いHMS。ヨーロッパ向けにHonor V30シリーズをリリースするにあたり、実用的に使える追加アプリなどが発表されたら面白いですね。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.