まだiPhone?これからはAndroidの時代!OnePlus 7TとRealme X2 Proは5万円台で超高性能!

Pocket
Facebook にシェア

iPhoneは素晴らしいスマートフォンだと思います。性能が良くてデザインも当たり障りなくシンプル。ひと昔前であれば一強だったと言えるでしょう。しかし今は違います。Androidは信じられないスピードで進化しました。そして今ではiPhoneと同等、もしくはそれ以上の性能を持つAndroidスマートフォンも登場しています。そして一番の特長は安さ!Androidスマートフォンの中でも最もコスパが高い、『OnePlus 7T』と『Realme X2 Pro』を紹介します!

※『OnePlus 7T』と『Realme X2 Pro』のリンクを選択すると、最安値クーポン情報が表示されます。

記事に書かれている内容

iPhoneは『高くて高性能』、Androidは『安くても高性能』

最初は本体の性能では無く『iOS』『Android』の違いで選ぶしか無かった

ガラケーからスマートフォンに切り替わった頃は、『iOS』か『Android』というOSの違いで選ぶしか無く、性能は二の次でした。しかし今は違います。スマートフォンの小さな筐体はパソコン並みの処理能力を持つようになり、カメラはデジタルカメラを上回る画質にまで成長。これは使う人がどんどん増え、スマートフォン市場に莫大な利益がもたらされたからこそ。

活性化された事により、酒類が増え過ぎてどれを選んで良いのか分からなくなったスマートフォン市場

そして今や完全にガラケーと入れ替わり、生活の一部となったスマートフォン。種類が増え過ぎてどれを選んで良いのか分からなくなってきました。しかし昔ながらの『iPhone』や『Xperia』を選んでおけば間違いないのかと言えば、そうではありません。スマートフォンは料理等と違い、電化製品です。良い端末とは、スペックの高い部品が使われている事が大前提であり、かつメーカー側にプログラムに関する高い開発力が求められます。

グローバル市場で撃ち負けたXperia。SONYは現在本体ではなく部品に力を入れている

Xperiaは世界レべルで見るとすでに競争に打ち負かされた状態。SONYは現在内部の部品に力を入れていて、本体は二の次。スマートフォンに使われているカメラセンサーの大半は『SONY』か『Samsung』製。部品に力を入れた方が圧倒的に儲かるのです。かといってXperiaに最高の部品が使われているかと言えばそうではありません。結局売れなくなってしまったので量産が出来ず、コストが折り合わないのです。だからXperiaを買う事は正直オススメしません。

未だに世界トップクラスの性能を保つiPhone。しかしAndroidに性能と価格で逆転されている

iPhoneに関して言えば、未だに性能世界トップクラス。しかしAndroidの品質が飛躍的に向上し、最近では処理能力を決めるSocの力がiPhoneを上回り始めました。性能ではiPhoneの上をいき、価格は圧倒的にAndroidが安いので、焦っているのはAppleサイド。旧型製品を値下げしたり、廉価モデルを出したりと、スティーブジョブズが生きていたら、絶対に許可が下りなかったであろう販売戦略で試行錯誤していますが、本体の販売台数は年々減少傾向にあります。

日本でついてしまっている『iPhoneは安い』というイメージは嘘

日本では通信業者が『一括ゼロ円』等という詐欺的な宣伝文句でiPhoneをばらまいていたので(実際はローンを組ませて通信費に上乗せして売っていただけ)、『iPhone=安くて高性能』というイメージを持っている人が少し前までは沢山いました。しかし実際のところは『iPhone=高くて高性能』というのが正しいです。最近は通信と本体の分離販売が義務付けられたので、徐々にそれが浸透はしてきましたが。

AndroidはiPhone並みの高性能を持ちつつ低価格なモデルが登場

Androidは販売台数がここ数年で大幅に伸びたので、コストが下がり『安くて高性能』なモデルが多数登場しています。その中から、最新iPhoneの『半額程度で購入』する事が出来て『性能も互角』もしくはそれ以上のAndroid端末を、2台紹介したいと思います。

最高の処理能力と高いカメラ画質、見た目も最高なのは『OnePlus 7T』

最高性能のスマートフォンしか作らない『OnePlus』

まずはOnePlus 7T。『OnePlus』というメーカーは最高性能のスマートフォンしか開発していません。『フラッグシップモデル』というカテゴリーに属するものです。車メーカーで言えば『F1しか作ってない』ようなものですね。それでいて経営が成り立っているのだから、売れているという事、OnePlusは最高性能のスマートフォンを作り出し続けているのです。

OnePlus 7Tはスーパーサイヤ人クラスの戦闘力を持つ

そのOnePlusの最新モデルとなるOnePlus 7Tには、勿論最高の部品と最高のシステムが搭載されています。最高の部品とシステムを組み合わせると何が起こるか、それは圧倒的な処理能力としてユーザーに還元されます。処理能力の高さは、Antutuというベンチマーク測定ソフトを使えば、誰でも簡単に知る事ができます。ドラゴンボールで言えば相手の戦闘力を知る事が出来る『スカウター』の様なもの。今使っているスマートフォンの処理能力を知りたい場合は、Google Playで『Antutu』と検索して入れてみてください。ちなみにOnePlus 7Tの戦闘力はコチラ。

Antutuのスコア『50万』は最新のiPhoneシリーズに匹敵する高さ

50万を超えるAntutuスコアを持つAndroidスマートフォンは、現時点でほぼゼロ。そしてその高いスコアは最新のiPhoneにも匹敵します。つまりOnePlus 7Tは、全てのスマートフォンの中で、世界最高レベルの性能を持つ事が保証されている端末なのです。さらにOnePlusはOSのアップデートによりシステムの最適化を繰り返し行うので、性能はその度にアップします。私が購入した時に48万台だったAntutuのベンチマークも今や50万越え。今後さらに上昇する可能性も秘めています。端末を作るだけ作ってアップデートを行わないメーカーも沢山あるので、その辺りのメーカーとOnePlusでは、購入した後に大きな差が生まれます。

OnePlus7Tの高い処理能力はカメラ画質にもしっかり活かされている

そしてスマートフォンを選ぶ上でもう一つの重要素、それが『カメラ画質』です。カメラ画質についても『DxOMark』というサイトでスコアが公開されています。ただし、DxOMarkが測定を行わない端末についてはスコアが掲載されていないのと、スコアには賛否両論あり。やはり一番良いのは、実際にそのスマートフォンで撮影された画像を参考にする事です。私は実際にOnePlus 7Tを所有していて、撮影しています。勿論無加工。カメラの腕前も素人なので、参考レベルには丁度良いのではないでしょうか。

OnePlus 7Tで撮影した写真(無加工)

OnePlus 7Tのカメラは撮った瞬間に『伝えたい』を描写する

少なくとも、これまで他にも沢山のスマートフォンで写真を撮ってきましたが、OnePlus 7Tのカメラクオリティは非常に高いと感じています。AI性能に優れているので、オートで撮影した時に、人の好む色の描写が巧いです。『食べ物は美味しそうに』『寒い場所は寒そうに』など、写真を見た瞬間に伝えたい事が伝わるカメラというのは、そう多くありません。デジタルカメラで撮影した画像は、大体後からPhotoshopなどで加工が必要になります。OnePlus 7Tの場合は色の調整も一瞬で行ってくれるので加工要らず。

OnePlusの端末はユーザーの要望を元にアップデート、そして進化を繰り返す

OnePlusのアップデートは、処理速度だけでなくカメラ性能も向上させてくれます。その内容は公式コミュニティでユーザーから寄せられた意見を元にしているので、メーカーの一方的な判断によるものではありません。『マクロ撮影』や『広角動画撮影』も、前モデルには搭載されていない機能。

ユーザーの目線に立った上で最高のクオリティを追求する事は、無駄な開発費を抑えつつ、最大限にユーザーの要望に応える事を可能とします。質の高いユーザーが増えれば増える程、メーカーとしても成長出来る、まさに最高の関係を構築したのが、OnePlusというメーカーです。

OnePlusはデザインセンスも超一流

そんな超ユーザーファーストな優良メーカーOnePlusは、デザインセンスも非常に高い。私がOnePlusブランドではじめて購入したのは『OnePlus 7』。あくまでも最初は、噂になっている性能の高さが本物なのか、チェックする事が目的でした。しかし開封と同時に、性能ではなくそのデザインの虜に。レンダリング画像と全く違うんです。それも良い意味で。言葉的に適していないとは思うのですが、完全に『ギャップ萌え』です。

OnePlus 7のデザインが気に入りすぎてそのままメイン機に

あまりに気に入ってしまったので、OnePlus 7はそのまま私のメイン機になりました。性能に関しても私の想像を超えるレベル。そしてOnePlus 7を使った事により、もうフラッグシップモデル以外、メイン機として使う事は二度と無いと確信しました。

OnePlus 7が気に入りすぎて不安に

しかしあまりにドハマリしてしまったので、次に使いたいと思う端末が見つからなくなってしまうのではないかと、不安になりました。ブログを執筆するレベルのガジェット好きなので、同じ端末を長期的に使っていると、マイナスに作用する部分も当然出てきます。困ったどうしよう。

OnePlus 7に対する不安を消したOnePlus 7T

しかしその不安を打ち砕いてくれたのが、このOnePlus 7の後継機となる『OnePlus 7T』でした。スマートフォンは、外出時常に人前にさらして使うものなので、個人的にはデザインにも拘りたいと思っています。『性能さえ良ければ』『デザインさえ良ければ』という考えの人もいるかもしれませんが、私はどちらも求めます。見た目だけのスマートフォンは使っていてストレス溜まりまくりですし、性能だけだと、折角オシャレしてもスマートフォンが浮いてしまうからです。

見た目も性能も追求した結果が『OnePlus』

どちらも求めてどちらも最高だったのがOnePlus 7、そしてそのOnePlus 7を性能でもデザインでも超えてきたのがOnePlus 7T。レンダリング画像とのギャップ萌えはOnePlus 7以上でした。

この質感を出す為に、生産時に何重もの工程が加えられています。手間がかけられているだけあり、見た目だけじゃなく、手に持った時の感触も最高です。そして、これまではどちらかと言えば男性よりだったテイストが、絶妙なバランスで中性的なものへと変化。変化というよりこれは完全に進化です。

突如現れた最強のブラックホース『Realme X2 Pro』

OPPOが送り出すさらなる刺客『Realme』

そしてもう一台が、OPPOから独立した『Realme』ブランドの『Realme X2 Pro』。ご存じない方も多いかとは思うのですが、OnePlusも元々はOPPOの高級ラインとして独立したブランドです。今では搭載しているOSも違いますし、OnePlusのブランド力が強くなりすぎてOPPOの影はほぼ無くなりましたが、OnePlusRealmeも、厳密にはOPPOグループです。そう考えると、OPPOってすごいブランドを輩出してますよね。

Realme X2 Proの登場でiPhoneからの機種変候補が一択から二択に

私はiPhoneからの機種変であれば、デザインや処理能力、カメラ画質、価格をトータルで考慮すると、大満足出来るのはOnePlus 7T一択だと思っていました。しかしここに来て、まさかの伏兵が現れたのです。それが『Realme X2 Pro』。

Realmeは独立してまだ間もないブランドなので、OSもOPPOと同じ『Color OS』が採用されています。OSが違うといっても元はAndroidですし、グローバルモデルなので、無駄な装飾はされていません。注意すべきはUIのデザインとアルゴリズムの精度くらいでしょうか。

スマートフォン選びで外さない為に、メーカーの選定は重要

世界TOP5に入るXiaomiOPPO関連のメーカーであれば、まずどの端末を選んでも大きく外す事はありません。逆にLenovoなど、パソコンは有名でもスマートフォンではイマイチなメーカーは要注意。海外のレビューなをぱっと見した印象ですが、まずオペレーションが安定しておらず、日本語化も不完全。さらにアルゴリズムの完成度が低いのでカメラ画質も微妙という。Lenovoのスマートフォンは価格的にはかなり安いですが、強くオススメは出来ません。

Color OSOPPOが日本に参入してそれなりの期間が経つことから、日本語は勿論完璧ですし、UIもシンプルで使いやすく、動作も非常に安定しているので、iOSからの変更でも、違和感なく使える仕様になっています。

Relme X2 ProはUIデザインだけでなく外観も洗練されている

UIが洗練されているのであれば、外観もそれに伴っていなければ意味がありません。Realme X2 Proもレンダリング画像は微妙だったので、実際開封するまでは不安が頭を離れませんでした。チープだったら買った意味が無いじゃないか・・・と。

しかしここはやはりフラッグシップモデル。開封と同時に私の無駄な不安を弾き飛ばしてくれました。選んだのはホワイトなのですが、パール調の独特の輝きが加えられており、光の当たり加減で上品に色が変化します。これは女性にはたまらない質感かと。もちろん男性が持っていてもセンスが光ります。

Realme X2 Proの見た目からは想像できない処理能力

しかしこの上品なデザインだと、正直処理能力は少し大人しめな印象。『見た目が良ければ処理能力はそれなりでも良いか』とはなりません。今回選んでいる基準は、『見た目』と『処理能力』がどちらも最高である事。そこでやはり、しっかりチェックする必要があるのはAntutuのベンチマーク。Realme X2 Proの実力はコチラ。

Realme X2 Proに搭載されているSocは、OnePlus 7Tと同じSnapdragon 855 Plus。最高性能のものです。その事実を知らずにベンチマークを測定すると、間違いなく驚きますよね。だって49万超えてるんです。どんなゲームでも、余力を残して遊べます。このクラスまでいくと、まともに動かないアプリは、ゲームも含めて無いです。もし動作が遅いのであれば、それは回線速度が遅い可能性が高いので、その場合は光回線にWi-Fi接続するか、ワイモバイルにSIM契約を変更しましょう。

Realme X2 Proのカメラは逆光時の光のとりこみ方が絶妙

次にRealme X2 Proのカメラ画質を見ていきましょう。まだ使用期間が短いので、撮影サンプルはOnePlus 7Tと比較すると圧倒的に少ないです。しかしその少ない写真の中からもRealme X2 Proの持つカメラ性能の高さを垣間見ることが出来ます。

まずは逆光時の撮影。安いスマートフォンで逆光を撮影すると、絶対にこの様な描写は出来ません。逆光をしっかり撮れるということは、カメラとアルゴリズムの性能が高いという事。Realme X2 Proの場合は逆行に合わせたシーン設定が用意されていて、オートで太陽にカメラを向けると、自動的にアイコンが切り替わります。そして撮影した写真がコチラ。太陽付近の雲が白飛びする事無くしっかりと残っています。Realme X2 Proのカメラに高いパフォーマンスが無ければ不可能。

Realme X2 Proのカメラは空の色表現が巧い。細部の表現もバッチリ

とても気に入ったのが空と雲の表現。HDRが適用されメリハリのある仕上がりに。この雰囲気凄く好きです。また、水面に映りこむ空の色や、一番奥に写っている建物のデティールなど、細部の描写がしっかりとしているので、広角で撮ってもモヤっとせずにその場の空気がしっかりと伝わります。

Realme X2 Proのカメラでインスタ映えな写真を手に入れる

肉の色やシズル感もバッチリで、美味しさが伝わる1枚に。炭火の絶妙な光や、煙も雰囲気を盛り上げています。何気無い焼肉中の写真ですが、様々な要素が凝縮されていて、撮るカメラによってはとても味気ないものになりかねません。インスタ映えを狙うなら、Realme X2 Proのように高性能なカメラで撮影するのがベストです。

Realme X2 Proの10倍ハイブリッドズームは予想外の高いクオリティを持つ

Realme X2 Proの持つカメラ機能の中でも、際立っているのがハイブリッド10倍ズーム。しかし光学とデジタルの融合なので、あまり期待しすぎると残念な結果になるはず。なのでオマケ程度に考えていたのですが、実際に撮ってみたら中々すごい。

これは、平日は入る事の出来ないステージを、柵の外から撮影したもの。しかしよく見ると侵入者が2人(厳密には2匹)いる・・・。ハッキリとは分かりづらかったので、早速ハイブリッド10倍ズームを試してみました。

侵入者をしっかりと確認する事が出来ました。通常のデジタルズームではもっと解像度が低くなり、画像の輪郭がモヤっとしてしまいます。しかしRealme X2 Proハイブリッド10倍ズームだとご覧の通り。光学10倍で撮ってますと言われても、もしかしたら気づかれないかもしれません。これは完全に想像以上。Realme X2 Proのアルゴリズム解析技術、恐るべし。

Realme X2 Proのカメラは背景のボケ方が美しい

スマートフォンで写真を撮る時に、背景のボケがどれだけ自然に、美しくボケてくれるかはかなり重要。私は特に背景ボケ写真を沢山撮るので猶更です。奥に向かってボケが強めに入っていると、深度測定がきちんと行われているという事になります。Realme X2 Proの場合はしっかりと奥に向かってボケてますね。

ちなみにこれはオートの光学2倍ズームで撮影しています。ポートレートモードも搭載されているのですが、個人的にはオートで撮影した方が綺麗にボケるイメージ。逆光撮影時にも感じた事ですが、Realme X2 Proはオート撮影に相当力を入れてますね。最近はスマホのカメラ画質が向上し、マニュアルで細かく調整して撮りたくなるシーンもたまにあるのですが、大部分の人はオート重視。これだけ綺麗にボケてくれたらいう事無しですね。

Realme X2 Proは90Hz表示対応なのにスタミナスマホ並みの長時間駆動

さらにRealme X2 Proにはダメ押しがあるんです。それはバッテリー性能。ディスプレイが90Hzの高速表示に対応しているので、通常であれば連続駆動時間は少し短めに。しかし90Hz表示設定のまま行った、Work 2.0 battery lifeの計測結果は予想外のものに。その結果がコチラ。

16時間程度。計測をはじめてからずっと動いていたので、まさかとは思いましたが、完全に想像を超える長さです。これは100%から20%に減るまでの時間なので、実際は後20%分使う事が出来ます。スタミナスマホ並みの連続駆動時間により、電力効率の圧倒的な高さが実証されました。Pixel 4にも90Hz表示の高速ディスプレイが搭載されましたが、連続駆動時間に関しては『短すぎる』と辛辣なレビューが多数寄せられています。Realme X2 Proではその不満が間違いなく解消されますね。

OnePlus 7TとRealme X2 Proは人気が出過ぎてプレミアモデルに

iPhoneから機種変するなら絶対にオススメしたい『OnePlus 7T』と『Realme X2 Pro』。その魅力をお伝えする事が出来たでしょうか。両端末はクオリティの高さから、世界中で人気が爆発しています。なので、販売店では在庫切れを起こしている場合が多いのです。もし『在庫アリ』の時は迷わずゲット。現在ハイパーガジェットでは『OnePlus 7T』と『Realme X2 Pro』に超限定クーポンを配布しているので、よろしければ是非ご利用下さい。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.