Xiaomiの社長がRedmi K30 Proのフロントカメラに関するアンケート調査を実施!やっぱりポップアップが人気!

Pocket
Facebook にシェア

Xiaomiの最新ミッドレンジモデルとなる『Redmi K30』は、ディスプレイが有機ELから液晶に、そしてフロントカメラがポップアップからパンチホールになり、120Hzの高速表示には対応したが、スペックダウン感が否めない。

前モデルとなるRedmi K20(Xiaomi Mi 9T)シリーズと同様に、デザインが同じでSocをハイスペック化した上位モデルをリリースしても、売れるかどうかは正直微妙なところ。しかしRedmi K30 Proは異なるデザインを採用してくるかもしれない。

Xiaomiの社長とRedmiのゼネラルマネージャーを兼任する『Lu Weibing』は、自身のWeiboにおいてRedmi K30 Proのフロントカメラに関するアンケート調査を行った。圧倒的な人気を集めているのは、Redmi K20シリーズにも採用されているポップアップカメラだ。

@SlashleaksによりリークされているRedmi K30 Proのレンダリング画像は、デュアルレンズのポップアップカメラが採用されている。しかしXiaomi Mi 10のリーク画像も、直前までデザインの異なるものが出回っていた。この画像についても、信憑性が高いとは言い切れない。

Redmi K30 Proは『M2001J11E』『M2001J11C』という型番で中国の3C認証機関をすでに通過しており、認証情報から『4,700mAhの電池』と『33Wの急速充電機能』を備えると伝えられている。

さらにGeekbenchではベンチマークスコアが公開。Socには『Snapdragon 865』が搭載され、メモリはMi 10シリーズと同じ『LPDDR5 RAM』が採用される見込み。

現状で5G対応は販売価格の押し上げに繋がっているので、Redmi K30 Proに関してもそれなりの覚悟をした方が良さそうだ。安く4G対応のポップアップカメラを求めるのであれば、Mi 9T Proの在庫がある内に買っておいた方が良いだろう。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.