Xiaomiが出荷台数でHuaweiを抜き、世界第三位に浮上!初の快挙も世界スマートフォン市場は大きな落ち込み・・・

Pocket
Facebook にシェア

『Strategy Analytics』の最新レポートによると、2020年度2月度の出荷台数において、ついに『Xiaomi』が『Huawei』を抜き去った。XiaomiHuaweiを上回ったのはこれが初となり、世界第三位に浮上したことになる。アメリカ制裁の影響が、Huaweiに大きな影を落とし始めた。

Xiaomi単体の順位に特化した内容では明るいニュースと言えるが、それとは裏腹にスマートフォン世界市場は大きな落ち込みを見せている。レポートの内容では、2020年2月度、世界市場のスマートフォン出荷台数は、前年比で39%も減少し、約6,500万台に留まった。Huaweiに関しては減少幅が大きく、出荷台数で69%減、売上高で64%減という脅威的な落ち込みを見せている。

Xiaomiも前年比を下回り、出荷台数では32%減、売上高では29%減となっている。ただし、出荷台数、売上高共に減少値は平均を下回り、その結果が世界ランキングの上昇に結び付いている。ただし、フラッグシップモデルの『Mi 10』シリーズが2月にリリースされているので、その影響が大きいのは確かだ。

Xiaomi Mi 10 Proが中国で販売開始も55秒で完売!Mi 10 とあわせて60億円以上の売り上げを記録!

続きを見る

1位は変わらずSamsungで出荷台数は1,820万台。2位も変わらずAppleで1,020万台となっている。両社共に順位はキープするも、出荷台数、売上高共に前年比で大幅に減少。苦しい年明けのスタートを切っている。徐々に向上の稼働は再開され始めたようだが、生産率が100%の状態に戻るにはまだまだ時間がかかりそう。ライバルメーカーだけでなく、大きな脅威との闘いが続く。どうか負けずに乗り切ってほしい。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.