TCLの子供用スマートウォッチは4G対応で通話可能!位置特定やトラッキング、AI音声アシストまでつけたら価格は大人向けに

Pocket
Facebook にシェア

TCLはウェアラブルブランドとなる『MOVETIME』から、子供向けのスマートウォッチ『MOVETIME Family Watch(MT43K)』をリリースしました。すでにシリーズ化されているものの最新モデル。

MOVETIME Family Watchには緊急時に助けを呼ぶ為の『SOSボタン』に加え、子供が特定のエリアから離れた時、親に通知したり、位置を特定する機能が備えられています。TCLによれば、このセキュリティは『COPPA』『CCPA』『GDPR』などの、子供向けを含めた様々なプライバシー保護法にのっとって開発されているとの事。

決まりを守っってはいても、子供のプライバシーを侵害する事に代わりは無いので、やりすぎは禁物です。しかし今は時が時なだけに、少しやりすぎでも仕方ないのかもはしれませんね。

また、MOVETIME Family Watchは4G回線に対応し、通話やメッセージの送受信をサポート。Bluetooth機能を使って、友達の追加や、追加した友達とやりとりする事も可能です。『歩数』『歩行距離』『消費カロリー』といったアクティブトラッカーとしても機能し、さらにはAI音声アシスタントによる音声操作にも対応。これ、大人用のスマートウォッチより優れているのでは。高機能すぎでしょ。

ディスプレイは子供が見やすいように1.41インチと大き目。液晶ではなく、カラーの有機ELが採用されているのもポイントです。電池容量は600mAhと大き目。詳細は不明ですが、SocにはSnapdragonが使われているようです。連続駆動時間は最長2日間~4日間で、4G通信機能を備えている事を考慮すれば、十分と言えます。時計をつけたまま遊んでいても壊れないように、防水防塵規格IP67にも準拠。

プライバシーの観点からいくとやや微妙だと感じますが、それ以上に子供を楽しませてくれるかもしれません。すでにアメリカとヨーロッパで発売が決定しており、価格は19,500円程度。機能が充実しいるだけあってお高めです。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.