Xiaomi Redmiからサウンドバーが登場!タブレットにもテレビにもオススメ。3,000円の超お手軽価格だ!

Pocket
Facebook にシェア

RedmiXiaomiから独立した時に掲げていた目標の一つが、独自のエコシステムを構築する事でした。すでに『スマートバンド』『洗濯機』『スマートTV』といった商品をRedmiブランドからリリースしており、着々と目標の達成に向けて進行中。5月26日には、フレーム補間技術MEMC(Motion Estimation Motion Com- pensation)に対応新たなスマートTVRedmi Smart TV Xシリーズ』を3モデルリリース予定です。

Redmi Smart TV Xシリーズのリリースを前にして、Redmiは同モデルの対応アクセサリーとなる、サウンドバーをリリースしました。

サウンドバーの出力は最大30Wで、45×80のフルレンジスピーカーを採用。Bluetoothによる無線接続、AUXまたはS / PDIFによる有線接続が可能です。サイズは、幅780mm×奥行き64mm×高さ63mmで重量が約1.5kgとなっています。

本体のサイドにはコントロールボタンが用意され、電源のON/OFF、再生/一時停止、音量調整、Bluetoothのペアリング、ミュートといった操作が可能です。サウンドバーは壁に掛けて設置しする事も可能で、背面には壁掛け用の接続部が用意されています。

リモコンを付属しなかったり、HDMIによる接続コネクタを非搭載とした事で、コストを大幅に削減。約3,000円(28ドル)というお手頃な価格設定を実現しています。3,000円のサウンドバー、他のメーカーだったら買う気になりませんが、XiaomiのサブブランドRedmiであれば話は別。テレビではなく、タブレットの動画鑑賞用に購入しても面白いかもしれません。Redmiのサウンドバーは、すでにXiaomiの公式サイト『Mi.com』にて発売が開始されています。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.