Xiaomi Redmi Note 9Sの実力をベンチマーク計測とカメラ試し撮りで一足先に検証!処理能力も画質も進化!

Pocket
Facebook にシェア

日本で発売されているスマートフォンで、カメラ画質が高いのは『iPhone』と『Galaxy』が代表的。少し前までは、世界一のカメラ画質を誇る『Huawei』が人気でしたが、今はGoogleサービスの非搭載により、人気は一気に下火になってしまいました。

その後釜を狙っているのが『OPPO』と『Xiaomi』です。どちらのメーカーも、ソフトウェアを含め、世界トップレベルの高いカメラ開発技術を持っています。しかし、頭一つ抜け出ているのはXiaomiです。Xiaomi JAPANは、日本参入第2弾として、『Mi Note 10 Lite』『Redmi Note 9S』の2モデルを日本市場に投入します。

Mi Note 10 Liteは、第1弾として日本市場にリリースされたMi Note 10の下位モデル。そしてもう一台のRedmi Note 9Sは、Xiaomiのサブブランド『Redmi』のもの。インド市場で爆発的な人気を博している『Redmi』ですが、日本に投入されたのは少々意外です。

Xiaomi Redmi Note 9S開封動画

Redmi Note 9Sは、Socに最新のSnapdragon 720Gを搭載。このSocは、AIにGPU、さらに低消費電力性能を高めた、ミッドレンジ向けのバランス型モデル。上位モデルのMi Note 10を超えるAntutuのベンチマークを持ちつつ、長い駆動時間と、高いカメラ画質をサポートします。Snapdragon 720Gを搭載したモデルは、日本にまだ存在しません。

私はすでにRedmi Note 9Sを所有しており、ベンチマークテストでMi Note 10との性能差を比較しています。5万円台のMi Note 10と、2万円台で購入したRedmi Note 9S、どちらのベンチマークが高いか、実際にご確認ください。

Xiaomi Redmi Note 9S VS Mi Note 10 Antutu対決!

Xiaomi Redmi Note 9S VS Mi Note 10 AI性能比較!かなりのスコア差が発生!

優秀なSocを搭載している事は、ベンチマークテストが証明してくれたRedmi Note 9S。しかしやはり、Xiaomiで気になるのはカメラ画質。ミッドレンジであれ、それ相応の画質でなければ、Huaweiの後釜にはなれません。今回はAIカメラとマクロカメラ限定で、試し撮りをしてきました。

Xiaomi Redmi Note 9S AIカメラ

Xiaomi Redmi Note 9S マクロカメラ

前モデルとなるRedmi Note 8 Proの時点で、ミッドレンジでここまで撮れてしまって大丈夫なのかというレベルに到達していました。Redmi Note 9Sでその画質はさらに進化。マクロカメラが200万画素から500万画素にアップした恩恵もしっかりと表れています。

日本市場の販売店と価格が決定するのは6月2日。すでに海外のオンラインショップでは、グローバルモデルが販売中。Mi Note 10の時と同様の流れになれば、日本で販売されるのも、グローバルモデルと同様のものになります。ただし、Redmi Note 9Sのグローバルモデルは充電器がEUプラグなので、そこは日本仕様に変更する必要あり。

価格は、日本モデルだと税金やら何やらで高めになるので、その点は理解が必要です。日本でのリリースを前に、価格お安めのグローバルモデルを購入するのもアリかと。

※Xiaomi Redmi Note 9Sグローバルモデルのクーポンコードとセール会場へのリンクを、この記事の後半に掲載しています。

対応してるSIMカードは?

【格安SIM対応状況】

Softbankの格安SIMであれば快適にご利用いただけます。

docomo回線:○ Softbank(Ymobile)回線:◎ au回線:×

記事に書かれている内容

Banggood Xiaomi Redmi Note 9S 価格一覧

オンラインストア『Banggood』とは

海外のガジェットを最も買いやすいお店の一つがBanggood。日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わりません。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

Xiaomi Redmi Note 9SをBanggoodで購入する

Xiaomi Redmi Note 9S:4GB/64GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)22,243円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:6GB/128GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)24,432円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

DHgate Xiaomi Redmi Note 9S 価格一覧

オンラインストア『DHgate』とは

元Microsoftの女性実業家『Diane Wang』が、eコマースによるBtoBを目的として、2004年に創業した会社。2019年には日本の中小企業支援を開始。ユーザー数は全世界で100万人以上。

Xiaomi Redmi Note 9SをDHgateで購入する

Xiaomi Redmi Note 9S:4GB/64GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)18,126円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:6GB/128GB (グレイシャーホワイト、インターステラーブラック、オーロラブルー)20,017円~【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Gearbest Banggood Xiaomi Redmi Note 9S 価格一覧

オンラインストア『Gearbest』とは

グローバルモデルを最も買いやすいお店の一つがGearbest。世界中の人気ガジェットを取り揃え、日本の常連客も沢山います。また、日本語の分かる担当者がいて、1年の修理保証がついているので、日本で購入するのとあまり変わらない安心感があります。日本語に対応した日本専用ページも開設され、益々買い物がしやすくなりました。

【クーポンコードの入力方法】スマートフォンからご購入の場合(会員登録は予め終わらせておいてください)

※送料が高目に表示される場合は、配達先が『遠隔地』に設定され、転送料が含まれてしまっているからです。受け取りの住所を変更することで送料が大幅に下がる可能性があるので是非お試しください。また、番号により荷物は追跡できるので配達状況の把握も可能。

DHLの遠隔地配送料金を無料にする方法。たったのコレだけで『田舎』に住んでいても『超高速配送サービス』が使い放題!

DHLの遠隔地配送料金を無料にする方法。たったのコレだけで『田舎』に住んでいても『超高速配送サービス』が使い放題!

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 9SをGearbestで購入する

Xiaomi Redmi Note 9S:4GB/64GB (グレイシャーホワイト)22,613円(遠隔地指定の場合 23,270円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:4GB/64GB (インターステラーブラック)22,613円(遠隔地指定の場合 23,270円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:4GB/64GB (オーロラブルー)22,613円(遠隔地指定の場合 23,270円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 4GB/64GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:6GB/128GB (グレイシャーホワイト)24,994円(遠隔地指定の場合 25,657円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:6GB/128GB (インターステラーブラック)24,994円(遠隔地指定の場合 25,657円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9S:6GB/128GB (オーロラブルー)24,994円(遠隔地指定の場合 25,657円)【100台限定】

Xiaomi Redmi Note 9S 6GB/128GBのクーポンコードをコピーする

 

Xiaomi Redmi Note 9Sはこんなスマートフォン

Xiaomi Redmi Note 9SはSnapdragon 720G搭載

Qualcomm®の最新Soc、『Snapdragon 720G』は第五世代のAIエンジンを搭載。低消費電力においてゲームパフォーマンスの強化を実現し、タイムラグやグリッチを制御する。前モデルとなるSnapdragon 712と比較して、CPU性能は36%、GPU性能は18%向上している。

Antutu V8で計測したベンチマークスコアは『2,80,041』となり、Snapdragon 730のスコアを大きく上回っている。

Xiaomi Redmi Note 9Sは5,020mAhの超大容量バッテリーを搭載

5,020mAhの大容量バッテリーは、音楽再生最長147時間、ゲームプレイ最長13時間、ブラウジング最長16時間と、一度のフル充電でモバイルバッテリー要らずな環境を実現。Redmi Note 9S一台で長時間の外出にもしっかり対応。充電速度は最大18Wで、付属品として22.5Wの超急速充電器が同梱される。

Xiaomi Redmi Note 9Sはパンチホールにシメントリーデザインを採用

前モデルとなるRedmi Note 8 Proは、前面はノッチ、背面のリアカメラはレンズが縦にならび、フラッシュがその右側に配置されていた。Redmi Note 9Sでは、ノッチがパンチホールに変更され、4つのリアカメラは左右に2つずつ備えられ、バランスの良い、左右対称なシメントリーデザインが完成している。

Xiaomi Redmi Note 9SはAIクアッド(4眼)カメラ搭載

Redmi Note 9Sに搭載されているリアカメラは800万画素の超広角カメラ(水平119度、f/2.2)、4,800万画素の超高解像度カメラ(1/2インチ大型センサー、6枚レンズ、f/1.79、ピクセル統合技術)、500万画素のマクロカメラ(焦点距離2~10cm、f/2.4)、200万画素の深度測定カメラ(f/2.4)といった、ミッドレンジらしからぬしっかりとした構成。

超高解像度カメラにはf/1.79の明るいレンズが使用され、さらにピクセル統合技術も採用されているので、短い時間で光を取得出来る量が大きく向上。光の少ない場所でも手振れしづらく、画質も明瞭で鮮明に。動画撮影時には細かく設定が可能なプロモードをサポート。これまで以上に撮影する事が楽しくなりそうだ。

超広角カメラが写し出す世界は、超高解像度カメラの通常画角と比較して約1.3倍の広さ。広角レンズ特有の四隅の歪みも、アルゴリズムが補正してくれる。

被写体との距離を測定し、美しい背景ボケを提供する深度測定カメラ。AIアルゴリズムの進化により、その精度はさらに向上。また、動画撮影時にもポートレートモードが使えるようになったので、映画のワンシーンさながらの、背景をボカした芸術的な描写が、誰でも簡単に撮れるようになった。

マクロカメラは200万画素から500万画素に高解像度化。解像度が上がった事で情報量が増し、ディテール表現がより一層細かく鮮明に。至近距離2cmの世界は圧巻の一言。

Xiaomi Redmi Note 9Sのフロントカメラは1,600万画素

Redmi Note 9Sのパンチホール式フロントカメラは1,600万画素。進化したAI Beautify機能により、自撮り画質はより美しく自然なものに。さらに120fpsによるスローモーション動画撮影にも対応。写真だけでなく、動画による新たなアプローチも可能となった。

Xiaomi Redmi Note 9Sは高い加工技術により美しい質感を手に入れる

Redmi Note 9Sには、20の工程に沿ったミクロレベルの高度な加工技術が施されている。美しく滑らかな表面の輝きは、持つ人の所有欲を満たしてくれる。

Xiaomi Redmi Note 9Sは立体デザインでさらに持ちやすく

3D曲面加工されたガラス素材は、持ちやすさに加え、持った時に手に触れる質感、見た目の高級感も高めてくれる。

Xiaomi Redmi Note 9Sの指紋認証はサイドマウント

指紋認証センサーは電源ボタンに組み込まれていて、親指にピッタリとフィットするように設計。無駄なスペースを必要とせずに、デザイン的にも美しい。ディスプレイ内指紋認証が主流になりつつあるが、逆にこの仕様を支持する人もかなりいるはず。

Xiaomi Redmi Note 9Sは6.67インチの大型ディスプレイを採用

ディスプレイサイズはRedmi Note 8 Proの6.53インチから6.67インチに拡大し、画面占有率91%まで向上。これまで以上に情報量を一度に沢山表示する事が出来るようになり、没入感も増している。

 

Xiaomi Redmi Note 9Sは強化ガラスによる堅牢なつくり

ディスプレイ面と背面の両方に、Corning®社のGorilla®Glass 5を採用。Gorilla®Glass 4と比較して、タッチ感度がアップ。さらに耐衝撃性が増し、落下時の保護性能も向上している。

Xiaomi Redmi Note 9Sは振動の変化で内容を伝える

専用のバイブレーションモーターは、通知や動作に合わせて振動を変化。振動による直観的な情報の伝達は、これまで以上にスマートフォンを身近なものにしてくれる。

Xiaomi Redmi Note 9Sは防水加工やイヤフォンジャックの搭載でユーザーの利便性を向上

Redmi Note 9Sには『P2i撥水ナノコーティング』という防水加工が施されている。コネクタとボタン部分はシーリング(ゴム状の材料により隙間を埋めること)により水やホコリをガード。防水の規格すら取得していないが、日常的な利用における安心感の違いは明らか。

また、イヤフォンジャックやIRブラスターの搭載により、手持ちの有線ヘッドフォンで高音質を楽しめたり、赤外線に対応する電化製品をリモートコントロールする事も可能だ。

Xiaomi Redmi Note 9Sは3色のカラー展開

Redmi Note 9Sは『グレイシャーホワイト』『インターステラーブラック』『オーロラブルー』の3色展開。男性、女性のどちらにも受け入れられやすい、ユニセックスなカラーリングとなっている。

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.