ハイパーガジェットチャンネル

もはや手ぶれ知らず!ISOが10000を超えても高画質を保つ超高感度対応一眼レフ PENTAX KP

Pocket

main_img_01

高感度対応とアピールしながらも、実際にはISO1000を超えるとザラザラな画質で使えなかったり・・・。ひと昔前までのカメラはそんな感じでした。しかしこのPENTAX KPに関しては、ISO1000どころではなく、ISO10000を超えても鮮明な画質を維持するという脅威のパフォーマンスを発揮しています。サンプル画像を見ていただければその凄さが分かるはずです!

Pentax KP, ISO 100
ISO100 f8 2s 50mm

ISO100だとこんなものでしょうか。とても綺麗ですね。


Pentax KP, ISO 12.800
ISO12800 f8 1/60 50mm

これがISO10000を超えたISO12800の画質です。拡大して見てみてください。若干のざらつきはみられますが、ISO12800という数字を考えると信じられない美しさです。

 

Pentax KP, ISO 51.200
ISO51200 f8 1/250 50mm

そして脅威のISO51200。対応しているだけでもすごいですが、モニター越しに見る分には何の問題も無いというのがすごすぎます。ISO51200の超高感度だと、相当暗い場所での撮影でも、シャッタースピードを早くして手ぶれせずに写真を撮ることができます。三脚要らずの時代がすぐそこに!

PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【ブラック】 KP BODY BLACK 16020

follow us in feedly
ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno5 A
iphoneのmagsafeに対応する冷却ファン
iPhoneのMagSafe対応?Xiaomi Black Sharkがマグネット脱着式の極小冷却ファンをリリース予定

Black Sharkより Xiaomiが出資を行いゲーミングスマートフォンブランドとしてスタートしたBlack Shark。スマートフォンに加え、ゲームプレイ環境をより快適にする為のアクセサリーも色 ...

OPPO Reno5 A
【実測】OPPO Reno5 AはOPPO Reno3 Aから3段飛びな進化!性能上がりすぎて格差が凄い。5Gにも対応

記事に書かれている内容1 5G対応のフラッグシップモデルは電池が大容量化2 一般ユーザーの使い方に合わせてワンランク上にスペックを上げたOPPO Reno5 A3 OPPO Reno3 Aではやや物足 ...

imx766
Realme X9 ProはイメージセンサーにSONY IMX 766搭載か!TENAAに5千万画素カメラの採用を明記

OPPOから独立し、日本市場への参入も果たしたrealme。日本では未発売となりますが、海外市場ではスマートフォンを精力的にリリースしています。そのrealmeの最新モデルとされるRealme X9 ...

iphone 13
iPhone 13シリーズのレンダリング画像、仕様、価格がリーク!上位モデルは120Hzのリフレッシュレートに対応か

今週AppleはWWDC2021でiOS 15をリリースしました。そして例年通りであれば最新モデルとなるiPhone 13シリーズが9月に登場予定。関心はすでに最新のiPhoneへと移行しています。 ...

200W充電
Xiaomiの200W充電は800回繰り返し充電しても蓄電容量を80%維持するエコ仕様!40の保護機能で安全に管理!

5月の末、XiaomiはカスタマイズしたMi 11 Proを自社最速となる200Wの有線、120Wの無線技術で充電する動画を公開しました。 動画の中では電池容量4,000mAhのスマートフォンを有線2 ...

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

最もお勧めなSIMフリースマートフォンXiaomi Redmi 10 Pro

ついに3万円台でフラッグシップモデルと同等のカメラ画質を持つスマートフォンが登場。それが『Redmi Note 10 Pro』です。1/1.52インチの大型イメージセンサー『ISOCELL HM2』を搭載し、Xiaomiの最上位モデルMi 11、Appleの最新モデルiPhone 12 miniとの実写比較では遜色の無い画質を披露したネオミッドレンジ。カメラに加えてディスプレイも国内で発売されているXiaomi端末の中で最高性能。ピーク輝度1,200nitの高品質な有機ELは、120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートに対応します。Snapdragon 732Gによる安定動作。5,000mAhの大容量電池は最大33Wの速さで素早く充電。お勧めづくしで弱点なしなスマートフォン。人気が出すぎてどこもかしこも品薄状態です。

POCO X3 Pro

POCO X3 ProがMiファンフェスティバルでセール

Androidに搭載されているSocメーカーとして最も有名なQualcomm。そのQualcommが開発するSocの中で最上位モデルとなるのが800シリーズです。POCO X3 Proが搭載しているSocはSnapdragon 860Xiaomiが公表しているAntutuのベンチマークスコアは『491,412』と負荷の重い3Dゲームをするにも申し分のないスコア。ディスプレイ性能も非常に高く、リフレッシュレート120Hz、タッチサンプリングレート240Hzとゲーミングスマートフォン並。高いパフォーマンスを維持する為に備えられた冷却機能LiquidCool Technology 1.0 Plus。4Dで直感的にゲームを楽しめるZ軸バイブレーションモーター。ゲームプレイ中の臨場感を高めるデュアルステレオスピーカー。素早いデータの読み書きを実現する最新ストレージ規格UFS3.1。Gorilla Grass5から傷に対して2倍強度を高めた最新強化ガラスGorilla Grass65,160mAhの大容量電池に最大33Wの超急速充電対応と、全てが価格を超越した驚きのパフォーマンス。ゲームをするならコレですね。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

© 2021 ハイパーガジェット通信