もはや手ぶれ知らず!ISOが10000を超えても高画質を保つ超高感度対応一眼レフ PENTAX KP

投稿日:

main_img_01

高感度対応とアピールしながらも、実際にはISO1000を超えるとザラザラな画質で使えなかったり・・・。ひと昔前までのカメラはそんな感じでした。しかしこのPENTAX KPに関しては、ISO1000どころではなく、ISO10000を超えても鮮明な画質を維持するという脅威のパフォーマンスを発揮しています。サンプル画像を見ていただければその凄さが分かるはずです!

Pentax KP, ISO 100
ISO100 f8 2s 50mm

ISO100だとこんなものでしょうか。とても綺麗ですね。


Pentax KP, ISO 12.800
ISO12800 f8 1/60 50mm

これがISO10000を超えたISO12800の画質です。拡大して見てみてください。若干のざらつきはみられますが、ISO12800という数字を考えると信じられない美しさです。

 

Pentax KP, ISO 51.200
ISO51200 f8 1/250 50mm

そして脅威のISO51200。対応しているだけでもすごいですが、モニター越しに見る分には何の問題も無いというのがすごすぎます。ISO51200の超高感度だと、相当暗い場所での撮影でも、シャッタースピードを早くして手ぶれせずに写真を撮ることができます。三脚要らずの時代がすぐそこに!

PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【ブラック】 KP BODY BLACK 16020

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.