もはや手ぶれ知らず!ISOが10000を超えても高画質を保つ超高感度対応一眼レフ PENTAX KP

Pocket
Facebook にシェア

main_img_01

高感度対応とアピールしながらも、実際にはISO1000を超えるとザラザラな画質で使えなかったり・・・。ひと昔前までのカメラはそんな感じでした。しかしこのPENTAX KPに関しては、ISO1000どころではなく、ISO10000を超えても鮮明な画質を維持するという脅威のパフォーマンスを発揮しています。サンプル画像を見ていただければその凄さが分かるはずです!

Pentax KP, ISO 100
ISO100 f8 2s 50mm

ISO100だとこんなものでしょうか。とても綺麗ですね。


Pentax KP, ISO 12.800
ISO12800 f8 1/60 50mm

これがISO10000を超えたISO12800の画質です。拡大して見てみてください。若干のざらつきはみられますが、ISO12800という数字を考えると信じられない美しさです。

 

Pentax KP, ISO 51.200
ISO51200 f8 1/250 50mm

そして脅威のISO51200。対応しているだけでもすごいですが、モニター越しに見る分には何の問題も無いというのがすごすぎます。ISO51200の超高感度だと、相当暗い場所での撮影でも、シャッタースピードを早くして手ぶれせずに写真を撮ることができます。三脚要らずの時代がすぐそこに!

PENTAX デジタル一眼レフ KP ボディ 【ブラック】 KP BODY BLACK 16020

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

AQUOS sense 4

『処理能力』と『電力効率』に優れる『Snapdragon 720G』を搭載しつつ、『おサイフケータイ』や最高レベルの『防水防塵』機能をサポート。さらには19項目のテストをクリアして米軍調達規格となる『MILスペック』を取得するなど完璧な仕上がり。電池は570mAh増量して『4,570mAh』に。自慢の駆動時間が更に長くなっています。省エネで発色が美しいSHARP自社開発の『IGZO』ディスプレイが使えるのも大きなメリット。本格的な『放熱設計』も施され、『AQUOS sense 4』は完全体へと進化しました。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.