ONKYOがハイレゾスマホを2月24日に発売

投稿日:

Granbeat

ハイレゾ対応はもはや当たり前になりつつあるスマートフォン。お値段が税込みで9万超えと、オーディオメーカーとしてかなり勝負に出た感が強い本機。

内臓ストレージは128GBで、大容量であるハイレゾデータに対応しているところが一つの特徴です。また、基板にはオーディオの専用基板を搭載し、ノイズを抑えた超高解像度再生を実現。さらにONKYO独自技術である『ACG駆動』や『BTL駆動』にも対応。

音楽が聴けるスマートフォンではなく、『通話が出来る本格オーディオプレーヤー』という新たなカテゴリーを作り出してくれる1台になるかもしれません。

[browser-shot url="http://onkyodirect.jp/pc/shop/g/gDPCMX1B/" width="600" height="450"]

 

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.